スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

テストなんて・・・ 

 只今定期テスト中なわけですが正直言って過去最悪のできであります・・・まぁ今までで一番勉強してないわけですから当然ですかね・・ならこんな事してないで勉強すれば?  ていう質問は受け付けませんので。

 本題へ行きますか

 またまた奇妙な死亡事件がありました。よくは見てないので詳しい場所は忘れてしまいましたが、児童二人がそろって同じ川の近くで死体として見つかった事件をご存知の方も多いと思います。
 この事件の妙な点、最初に発見された児童は普段からその川に近づく事が無く、この川にはほとんどの人が近づかなかった様子、しかも川を流されたと言うのに目立った外傷は無かった点、親の証言によれば川には岩などがあり流されたならば傷が無ければ不自然とのこと。そして二人めも川の近くで見つかりこちらは特に濡れていなかったとのことで流された可能性は低いとのことだが、発見された場所が一人目が発見された場所からそれほど離れていない点、そしてこの二人が仲が良かった点、などがあげられるだろう。

 警察は一人目発見の時点で事故死との見解が強くその方向で進めていたようだ。
 しかし、ここで疑問が残る。何故あまり人が近づかないと言われている川に転落したという事故の可能性を強くもったのだろうか。確かに子供の死体が川から発見されればそう考えるのが普通であろう、しかしこの川にはほとんど近づかない、住民の意見があるのではないか。警察は考慮したのか。

 もちろんこの二つの事件がつながりがあると決まったわけではない、一人目の段階で上のように警察を突き詰める事は難しいだろう。この考えは二人目の事件が起きたからこそ自分も考えるようになったようなものである。
 この事件もこれから見ていくと共に、警察の動きにも注目したい。


 しかし、ホント最近は変死が多い気がする。特に子供の。主に殺人によるものなのだが、やはり弱いものが狙われるのは当然なのか・・・無常すぎる・・弱いものは何も知らずにその命を奪われるのだろう。奪われる理由だけでなく、これから先、知るはずであったセカイも・・・このようなことは無くさなければならない。だが人には限界がある。常に弱いものを守れるはずが無く、弱いものが奪われそこで嘆く、そして自分も弱いものだと感じ悲観する。その繰り返しなのだ。



 結局何が言いたいのか良く分からない文になってしまいましたが、とにかく安心して暮らせるセカイにしようってことです。それを守る機関もあるのですから。
 以上αでした。
スポンサーサイト
[ 2006/05/18 23:55 ] 世相を考えるーα | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seemax.blog49.fc2.com/tb.php/69-4890abaa





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。