スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

同情しますよ 

 いきなりですがβが前回書いてくれたことは全てマジです!自分はあそこまで非を認めようとしなかった教師は初めてでした。間違えたくせにその被害を受けた生徒が苦情を言いにいって対処を求めたというのに上から「どうしたいの?」ですよ?偉そうに!!!ざけんな!!!そんな態度があるかよ!!βがほとんど書いてくれましたが自分の怒りはおさまりませんでしたね。しかも視力検査でその教師とまた会ったわけですがこれまた偉そうにやること、親しみやすさマイナス軽く行きますよ!教師とは生徒の近くの存在でありどちらも威張った態度を取るべきではないのです!!!そのぶん距離が離れてしまうわけですから、そんなんで進路相談とかできますか?できないでしょう。
 教員は身近な存在であるべきなのです。

 とまぁ文頭で愚痴を吐いてしまってすんません。でも言いたかったものでしたので言わせてもらいました。


 では本題へ

 8日からフランスにおいて学生によるデモのような閉じこもり事件が起きた。原因は新しくできた法案である。その中身は《雇用主はは26歳未満の者にたいして理由を説明せずに解雇する事ができる》とのこと。
 あまりにもひどい話しではないでしょうか?人それぞれには様々な権利があります。当然働く権利もあるはずです。
 しかもなぜ26歳?これから社会に出て働こうという希望をもつ大学生などに多大な不安を社会が押し付けたのです。信じられません。学生によるデモが起きても全く不思議ではないと思います。自分たちの未来を潰されかねないのですから自分は同意します。
 しかしやはり警察も黙っちゃいません。催涙弾を打ち込み鎮圧したようである。まぁデモは平和を乱す行為に変わりは無いので仕方が無いのですが武力による鎮圧しか解決方法が無かったのでしょうか?
 元はといえば不条理な法案のせいであり何の非の無い若者が被害を訴えるために起こしたものであり武力を投入するべき事ではなく話し合いをするべきではなかったのではないのでしょうか?武力で抑えた、それは学生達の声が届く事がなかったと考えてもいいのではないかと考えます。
 政治に直接参加できる事の無い人々の声だからこそ無視はせずしっかりと受け止めてもらいたいものです。
 若い者がどうのこうのではなく若くとも立派な国民であり国はその声に絶えず耳を傾けて何らかの対処をしていくべきなのです。


 今日は朝から一日試合+夜塾で疲れ果ててしまい正直キツイッすね。最近言い訳しかしてませんが単純に文が浮かばなくなっているだけでありすんません。以上αでした。
スポンサーサイト
[ 2006/03/11 22:41 ] 世相を考えるーα | TB(0) | CM(1)

同情します。ぼくもそういう経験がなんどかありました。
[ 2006/03/16 19:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seemax.blog49.fc2.com/tb.php/40-693a62e6





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。