スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

体罰って。。。 

こんばんは。今年2度目の風邪をひいたらしいβです。
今日はネタがない。。危機です。えぶりでぃ更新してきたのに自分がその幕をおろすのか?って事で無理やり書きます。
ネタ・・・じゃぁ今日は教育関係で・・「体罰」です。。
イキナリ重い気もしますが書きます。
自分は「金八先生」のような教師になりたいと思っています。んで、愛読書は「金八語録」。このなかに次のような言葉が載っています。
「体罰に本当も嘘もありません」
そもそも体罰とは?自分は体罰には2種類あると考えています。1つは、教師の技量不足、又は人としての欠点から。2つ目は、本当の愛情。2つ目はなんか曖昧な気もしますが。じゃぁ具体的にどのように違うのか。これを生徒としての視点から見ていきます。
1つ目の場合、現在体罰で処分を受けている教師の大部分はこっちに入ると思っています。自分の思っていることが生徒に伝わらない事に対して、自分はしっかりやっているのに生徒が聞いていない、などと思って生徒に対して敵対心を持つ。んで体罰となる。これは教師としての技量不足だと思います。生徒に自分の思っていることが伝わらないなんてことは当たり前です。生徒からみても教師がなにを言いたいのかなんてさっぱりわかりません。根気強く教えてくれる、指導してくれる教師がいたとしたら気持ちは伝わります。
人としての欠点。これは問題外な事です。理由もなく生徒に手をあげてしまう。それに対して生徒から理由の説明を求められても説明できないなんて教師は人として間違っています。人だからつい手が出ることもあるなんて理由は通用しません。学校に説明を求めたって明確な答えは返ってきません2つ目の愛情とは、金八先生です。これはたしかにドラマの話です。が、これこそ本当の愛情であり、教師として、もっとも持っていなくてはならない「覚悟」でもあると思います。
金八先生は生徒に手を上げる前に理由を告げています。そして、生徒はそれを承諾しています。そしてさらに教師をやめる覚悟をして手をあげています。生徒のために教師人生を費やすという点ではまさに教師としてはカンペキだと思います。

結局何が言いたかったのか・・・。それは自分が実際にあったことを書いているので・・・。

のどが痛いβでした。
スポンサーサイト
[ 2006/02/09 22:04 ] 世相を考えるーβ | TB(0) | CM(2)

お久しぶりです

覚えてますかね?泉俊明ファンサイト運営者です。
金八、あたしも好きですよ♪世の中あんな先生ばっかになればいいのに、と思います?
頑張って金八先生みたいな教師になってくださいね
[ 2006/02/10 12:09 ] [ 編集 ]

どうも^^

こんばんは^^
まさかこっちまで見てくれていたなんて^^;;
こっちは「比較的」まともなサイトを目指してるんで。
今後ともよろしくおねがいします^^
[ 2006/02/10 22:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seemax.blog49.fc2.com/tb.php/10-c71acde7





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。