スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

恋愛 

最近αと、SeeMaxに書くネタがないと話してます。ホントネタがない。ネタはあるんだけど書けるようなネタはないと。

SeeMaxはAllジャンルなBlogですんで、いろいろ書きます。

最近βがハマッているテレビ番組は、「弁護士のくず」と「恋愛部活」です。まぁ、まったく違う2つの番組ですが、面白い。毎週欠かさず見ています。

弁護士のくずは・・・なんか演出がイイ@なんかよくわからないんだけど演出がイイですよね。法律の話なんか、出ているようでぜんぜん出ていないような。

恋愛部活(ラブカツ)は・・・なんか見ていてわくわく@
人の恋愛って見ていて一番楽しいものだと思いますよ。。
見ているこっちが恥ずかしくなっちゃったりとか。。

最近ドキドキなことが少ないβにはイイ刺激になってます。。

ってそんな感じ。

これからもSeeMaxはこんな感じで更新していく・・・つもり。。

おわり@
スポンサーサイト
[ 2006/05/31 00:44 ] 世相を考えるーβ | TB(0) | CM(0)

仲間 

 昨日と本日は部活の県大会でした。自分は試合には出ておりませんでしたが応援として会場に仲間と共に行きました。自分たちは三年生であり、負けてしまえばそこで完全に引退が決定する大会でした。

 厳しい組み合わせの中戦う仲間

 自分たちのように声を嗄らして応援する仲間

 戦っているのは実際に戦っている仲間だけではない

 すべての仲間が一丸となり戦う

 それが仲間

 自分も声を嗄らす
 
 となりの仲間も声を嗄らす

 たとえ声が出なくなっても

 仲間と共に戦えるのならば関係は無い

 同じ学年でも違う学年でも

 仲間を思う気持ちに偽りは無い

 仲間全員が一つへ向かう


 仲間とすごした日々

 楽しくすごせた日々

 辛くすごした日々

 二度とは戻らない

 だからこそ

 心の底から

 溢れる想い

 偽りの無い想い

 普段の生活では決して見せることの無い

 想い

 仲間と共にその想いを噛みしめる

 空は悔しいほど晴れている


 誰もが一人では無い
 
 どこかに必ず仲間はいる

 仲間と共に戦うのだ

 

 これからも仲間と共に

 歩むだろう 




 以上αでした
[ 2006/05/28 19:03 ] 世相を考えるーα | TB(0) | CM(1)

お勉強。。習熟度別クラスわけ 

書きます。

今日は・・・学校の授業で行われている、「習熟度別クラスわけ」についてです。

我が、某F高の数学は「習熟度別クラスわけ」です。3つほどのクラスに分かれていて、βは1番↓。。

まぁ、分けることに関しては問題ないのですが、問題は、クラスによってやる内容がぜんぜん違うこと。たしかに、授業についていけない人が、無理して、偉い人と同じ授業をやるのは無理とはわかっていますが。。でも同じ理系なので、テストは同じ範囲からでます。もちろん1番下のクラスではやっていないような問題も出るでしょうね。
そして、中間テストや、期末デスト後にクラスの入れ替えがあります。これはテストが出来れば上に上がり、悪ければ下に下がる。

でもでも、下のクラスではやっていない問題がテストに出るのに、どうやって、テストでイイ点数を取れと?
下のクラスの人でも、本当に勉強している人もいます。周りから見て、この人本当に勉強しているってわかりますもん。
でもそんな人でも、上には上がれてません。

もう3年で、ほとんどの人が受験を視野に入れながら勉強しているでしょう。

強制的にクラスが決まり、そこの授業方針に従って、勉強していては、伸びない人もいるでしょう。

なので、提案。習熟度別クラスわけではなく、進度別クラスわけにして、生徒個人にクラスを選ばせるべきでは。
クラスを選択する時には、そのクラスの進度(どんな問題をどの程度のレベルまでやり、どこの分野を重点的にやるかなど。たとえば、2次で数学ⅢCを使わない人のために、2次のⅡBをメインでやる)など。そして、そのクラスの担当教員←コレは大事。やっぱり、教師によってわかりやすさはぜんぜん違います。自分にあった教師を見つけるとともに、教師側もここで人気がなければ、自分の教え方になにかしら問題があると受け止めて、改善することが出来るはず。


そんなことが出来れば、生徒が思い描く、志望大学に向けて、自分で考えて勉強していくことが出来るはず。
「どんな教師にあたってもしっかりとした志があれば自分で勉強できる」なんていう人もいるかもしれませんが、そんなことはないですって。教師しだいで大きく変わりますから。
どんなに人格の崩れた教師であっても、教え方がうまければ人は集まります。生徒はしっかり考えてますから。



どうでしょう。この「進度別クラスわけ」と「担当教師選択制」。
ご意見お待ちしております(笑)

以上βでした。
[ 2006/05/26 00:15 ] 世相を考えるーβ | TB(0) | CM(1)

SeeMax~高校生が世間を斬る~ 

こんばんは。
なぜか急に書きたくなったので書きます。
2日前くらいに心機一転て言いました。
ハイ。そのとおりです。
ということで、初めてココに訪れた方のためにもう1度このBlogの説明を。

SeeMax~高校生が世間を斬る~
は、とある県立高校に通う3人組が、日々の生活の中で感じたこと、思ったことを徒然なるままに綴っていくBlogです。
主には普段見たニュースのネタが多いですが、高校生活のなかで感じたことなども書いています。

が、所詮、齢18ほどの浅知恵で書いているので、まだまだ未熟な部分が多数あります。

そこで、ここにきてくださった、記事を読んでくださった方々に、1人でも多くの方々に、ご意見、ご感想をいただければ幸いです。

各記事のコメント欄にどうか、足跡を残していってください。質問などでも結構です。
α、β、γが、可能な限り、返信をしたいと思います。


・・・・と、まぁこんな感じです。

これからは、出来るだけサボらず書いていくので、どうぞよろしくお願いします。
[ 2006/05/24 00:12 ] 世相を考えるーβ | TB(0) | CM(0)

ビックリですね 

 打ち合わせナシでのリニューアル、いきなり学校で「変えたから~」と言われ、ふ~ん、程度でしたが・・・まさかここまで爽やかになっているとは(笑)こんな状況で殺しとかのネタはメッチャ書きづらいです・・・まぁ書かなければ良いのですが・・
 最近ネタが無いのにここを書くことが普通になってきました。何故ネタが無いか?テレビを見ることをサボっているからです!!
 まぁ前回の続き見たいな感じで書きますか。


 本題へ


 秋田県での児童二人の事件が動きました。少なくとも二人目の方は殺人事件として調査を進めて一人目の方は事故から見直すような動きがあるようですね。しかし、個人的な意見としてはこのような事件の犯人が捕まったとしてもそれほど反省しないのではないかと考えます。
 このような事件の犯人は自分を悪くは思わない気がするのです。捕まったときは反省の色を見せるかもしれないけれど、実際心ではそんなことは考えていない、なぜかそんな気がしてならないのです。もちろん根拠なんてありません、しかし、仮にこれが連続殺人だとしたら犯人は一人殺した後仲の良かった子を殺しているのです。そんなことをしといて反省をするとは思えません。
 あくまで今述べたのは自分の勝手な思いです。それほどじっくり考えないで下さい。

 しかし、ホントに最近は殺人が多いと感じます。何故なんでしょう?
 一番に考えられるのは環境でしょうか。それとも教育でしょうか。それとも全く違うものなのでしょうか。これは今の社会の課題であると考えます。教育基本法のたった一行に議論の時間を使うのではなくもっと国民を見て欲しいです。



 今日は疲れているのでこの辺で。以上αでした
[ 2006/05/23 22:22 ] 世相を考えるーα | TB(0) | CM(0)

心機一転。 

こんばんは。

このブログもだいぶ廃れて・・・いや、ここから再スタートです。

と、言うことで、模様替えです。んで、新しいコンテンツを足そうと思ってます。
ズバリ「SeeMax商店(仮)」。。名前はもちろん変えると思いますが。。。まぁアフィリエイトでもはじめようかなと。。

でもでも、このブログの本質は

高校生3人が日々のニュースを独自の視点で斬る

ですからね。そこはしっかりするつもりです。近々、リニューアルオープン。

みなさんお楽しみに。。

カウンターが0にもどっちゃったんで。。。みなさんいっぱいきてくださいね~。
もちろんリンク募集中です。高校生の輪、社会の輪、教育の輪を広げていきましょう。。
[ 2006/05/21 23:07 ] 世相を考えるーβ | TB(0) | CM(0)

テストなんて・・・ 

 只今定期テスト中なわけですが正直言って過去最悪のできであります・・・まぁ今までで一番勉強してないわけですから当然ですかね・・ならこんな事してないで勉強すれば?  ていう質問は受け付けませんので。

 本題へ行きますか

 またまた奇妙な死亡事件がありました。よくは見てないので詳しい場所は忘れてしまいましたが、児童二人がそろって同じ川の近くで死体として見つかった事件をご存知の方も多いと思います。
 この事件の妙な点、最初に発見された児童は普段からその川に近づく事が無く、この川にはほとんどの人が近づかなかった様子、しかも川を流されたと言うのに目立った外傷は無かった点、親の証言によれば川には岩などがあり流されたならば傷が無ければ不自然とのこと。そして二人めも川の近くで見つかりこちらは特に濡れていなかったとのことで流された可能性は低いとのことだが、発見された場所が一人目が発見された場所からそれほど離れていない点、そしてこの二人が仲が良かった点、などがあげられるだろう。

 警察は一人目発見の時点で事故死との見解が強くその方向で進めていたようだ。
 しかし、ここで疑問が残る。何故あまり人が近づかないと言われている川に転落したという事故の可能性を強くもったのだろうか。確かに子供の死体が川から発見されればそう考えるのが普通であろう、しかしこの川にはほとんど近づかない、住民の意見があるのではないか。警察は考慮したのか。

 もちろんこの二つの事件がつながりがあると決まったわけではない、一人目の段階で上のように警察を突き詰める事は難しいだろう。この考えは二人目の事件が起きたからこそ自分も考えるようになったようなものである。
 この事件もこれから見ていくと共に、警察の動きにも注目したい。


 しかし、ホント最近は変死が多い気がする。特に子供の。主に殺人によるものなのだが、やはり弱いものが狙われるのは当然なのか・・・無常すぎる・・弱いものは何も知らずにその命を奪われるのだろう。奪われる理由だけでなく、これから先、知るはずであったセカイも・・・このようなことは無くさなければならない。だが人には限界がある。常に弱いものを守れるはずが無く、弱いものが奪われそこで嘆く、そして自分も弱いものだと感じ悲観する。その繰り返しなのだ。



 結局何が言いたいのか良く分からない文になってしまいましたが、とにかく安心して暮らせるセカイにしようってことです。それを守る機関もあるのですから。
 以上αでした。
[ 2006/05/18 23:55 ] 世相を考えるーα | TB(0) | CM(0)

学園祭シーズンですよ 

いつの間にか更新が滞り放置。で、いつの間にか復活と。よくわからないBlogですよね。ま、せっかくαが書いたんでここから再スタートです。γが書かないだろうなぁ・・・と思いつつ。

このBlogを書いていない間にいろんなことが起きていました。
そしてTommy先生の現社も絶好調でした。
竹島事件、ヨットスクールの戸塚氏が出所(この事件がおきたとき自分は生まれていないが調べてみてビックリ)、そして最近はやけに殺害事件が多い。しかも内容がよくわからない。

たぶんこの辺のネタはαがまじめに書いてくれると思うので自分はあえてほかの事を書きます。

ということでもうすぐ学園祭です。我が学校でも学園祭まであと20日ほどに迫りとある部署の長になっているαとβは「比較的」忙しい日々を送っています。

ちなみにβはステージ係。主に有志バンドの管理です。
この有志バンド。その名のとおり有志のバンドが集まって演奏して盛り上がるのですが。。。コレが、職員室からは嫌われているようで、なかなか企画が通らない。

有志バンドをやるにあたって教師から言われたことは
1、時間は全部で2時間
2、すべての費用は自己負担
3、演奏は演劇部の前に終わらせること。
4、一般公開はせずに、一般公開ではない日にやる。

以上です。
まず、1は非常に短い。はっきり言って我が学校の学園祭で1番人が集まるのは1番が出店。2番が吹奏楽部の発表。3番が有志バンドです。

1番の出店に関しても職員室では嫌われているらしく、出店の店舗数に関していろいろともめようですが、よくわからないのでおいておいて・・・。
2番の吹奏楽部は、元は一般公開と、そうでない日、両方ともやっていたらしいのですが、人が集まらず、一般公開の日だけに縮小。

はっきり言うと、有志バンドは出店には勝てませんが、一般公開&そうでない日と両方やれば、動員数なら吹奏楽に勝てます。




βは短気なので、上の条件に納得いくはずがなく、職員室に乗り込み・・・。いろいろ話してきました。
ま、まとめてみると、某F高の教師勢は頭が固く固定観念だけで行動しているということです。
言ってみればエレキギター=ロック=バカ騒ぎ=不良になると思っているらしいです。と、言うか、そういわれました。

まぁ、某F高の教師全員がそう思っているとはいえませんが、そう思っている教師がいることは確かです。
まぁ、だいぶ前に書いたように、某F高では音楽関係(芸術関係)における教育が著しく他より劣っていると思われます。それはその原因は職員室にもあったような気もします。

ちなみに今回吹奏楽部が中庭でジャズの演奏をします。それは教師勢に歓迎されたようです。ま、リコーダーしか吹いたことのない、ジャズもロックも区別のつかない教師がジャズ=イイ音楽みたいなわけのわからん理由で許可したんだと思いますが。

話がちょっとずれるけどリコーダーってホント難しいですよね。簡単に音が出る楽器ほど奥が深いみたいな。。

で、結局何が言いたかったんだろうか・・・・。
まとめて見ましょう。
学園祭って言うのは一見してみるとすごく華やかで生き生きしている1面もあるんだけど、その裏では生徒と教師の戦いがあって。
たいていの教師は例年通り、何一つ変わらずやっていけばイイと思っている。でも生徒としては、表面上、企画運営は生徒に任されていることになっているので、自分たちの企画したことをやりたい。でも、それには手間がかかる。でも担当教員は楽をしたい・・・。なんて事でもめてるんですよね。


そのなかで、1つでも多く生徒の意見を飲んでやる、または、譲歩案を出してやる。というような努力を教員側もするべきでしょう。あまり行き過ぎたことをやらせると、収集がつかなくなるとかも言われましたが、その収集がつかなくなることを防止するために、各部署ごとに部署長なるものをおき、その人たちが必死に案を考えているのですから。
決して思いつきで提案しているのではないのですから、ちゃんと自分なりの企画書を持って言いに言っているんです。
そしてうまく生徒の意見が尊重されれば、生徒の意見が通れば、生徒だって教師の苦労?をわかってくれるでしょう。
そうしていくうちに学校全体の空気が変わっていくのではないでしょうか。

あと20日。某F高のステージ部署長であるβは日々、職員室に通い、とことん意見交換をしますよ?逃がしませんから。。

以上、趣旨がまったく違うβでした。

このブログを見た方、ぜひぜひいろんなブログに紹介してくださいませ。相互リンクも歓迎。
コメントなどでご連絡ください~^^
[ 2006/05/13 00:41 ] 世相を考えるーβ | TB(0) | CM(1)

申し訳ない・・・ 

 ホント申し訳ないです・・・他の二人が心機一転で再開してくれたにもかかわらず一ヶ月近くも更新をストップしてしまいまして・・・理由としては個人的に時間が足りなかったのが一番の理由であり、次としては情報の仕入れが甘かった事ですね・・・ホント申し訳ないです。
 久々に書くわけですが、やはりネタがありません。以前書いた殺しについての続きのような感じでかいていきたいと思います

 本題へ

 最近やけに殺人事件が多いと思いませんか?しかも衝動的なものではなく、悪質というか残酷なものが多い気がします。犯人は青年からおばさんまで幅広い年代の人たちがその手を染めています。何故これほどまでに多発するのでしょうか?
 殺人、といっても何種類かあると思います。衝動的、恨み、最悪なものとしてはイタズラ、などがあると思われますがいづれにせよ殺人とは恐怖の対象 には変わりはありません。自分の命がもしかしたら明日奪われるかもしれない、このように殺人が多発する世の中ではそう考えても全くおかしい事ではないでしょう。
 殺人は何故こんなに起こるのか?その理由の一つとして考えられるのは、感情を抑えきれない人たちが増えてきている、ということだと考えます。殺人を犯すのに通常の精神でやれる人などいるはずが無いのです。その時になんらかの原因で感情が麻痺しているからこそやる事ができる、と考えます。
 つまり感情をコントロールする事ができれば殺人は起きないはずだと考えます・・・・・と言ってもそれが難しいことは分かっています。しかし、感情の爆発をできる限りとどめておく事は何とかできるはずだと考えます。少し意識すれば少しずつでも変化は起こるはずです。人の心は学習をするのだから。日々の生活の中から感情をコントロールする事を意識することで社会の恐怖が減っていくのだから少しずつがんばってきましょう。
 また誰かに対してもそのような事にならないよう限度を保って接する事も大切だと思います。



・・・久しぶりでこんなんだと怒られますかね?
書いたことは正直自分に当てはまる事もあるので気をつけたいです。
以上αでした
[ 2006/05/11 22:42 ] 世相を考えるーα | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。