スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

レクサスLS460、世界の高級車市場を変えるか 

お久しぶりです、γです。

今日は久々ということで、明るい話題で。

みなさんレクサスという言葉はご存知でしょうか??

レクサスとは簡単に言ってしまえば、トヨタ自動車が海外に展開している高級車ブランドのことであります。1989年米国で設立され、オセアニア、中東、欧州、中南米などさまざまな国で販売してきて、日本でも2005年からレクサスなるブランドの自動車が販売開始となりました。某F高の近くにも販売店が完成、びっくりするくらい敷居が高そうな外観で、1店挟んでおかれている日産の販売店が可哀想です(笑)




 そのレクサス。トヨタが今年の年末に発売を予定しているレクサスLS460をめぐり、ベンツ、BMW、アウディなどの世界高級自動車メーカーが緊張しているといいます。


 トヨタが今年1月に米国のデトロイトで開かれた北米国際モーターショーでレクサスLS460を発表してから、自動車業界ではこの車が世界最高級自動車市場の勢力図を変え得るとの見方が出たとのことで、どうやら世界のトヨタが、本当に世界の頂点にたつ時が来たようです。


俺もいつかレクサスみたいな高級車乗りたいわぁなんて思いながら受験へのモチベーションを高めていきたいγでした(笑)



スポンサーサイト
[ 2006/04/19 23:07 ] 世相を考えるーγ | TB(0) | CM(0)

みなさんお待ちかね・・・ 

さてさて。長らくお待たせしました。SeeMax更新再開です。今日3人でジャンケンをして負けたβからの再開です。

再開1発目なのであまり硬いことは書かずに。

まずは、交通安全指導かな?自分は自転車通学・・・と言ってもヘタレなのでここ半年ほど自転車に乗っていなかったのですが、学年が変わったことによりステッカーの張替えをしなければ・・・とのことで、久しぶりに自転車に乗って通学。・・・疲れた@
で、その日がたまたま交通安全の指導の日。もうそこらへんに黄色いたすきをかけた人や警官が@
βはこの交通安全指導が大嫌いで。なぜかって?。そんなん・・・矛盾ばかりですよ@

まず最初に気になったのは、横断歩道のヨコでたっているおじさんたち。別に立って指導してるのは全然問題ないのですが・・・。
大の大人が田舎の狭い道の歩道にイッパイに広がって・・・しかもしゃべってる@邪魔ですよ?安全指導してるそっちが危険だって@

ほかには・・・わけのわからん警官もいましたよ。
βはいつも車道と歩道の間の道をはしっています。だって朝の通学の時間は学生が歩道を歩いてて一緒に走ってたら危ないじゃん?
なのに、よく警官にストップと。今回もとめられました。「歩道を走ってね?危ないから横断歩道を走るんだよ?」
なんか納得いかないっすよ。歩道を走れって・・・。「歩道を自転車が走るのはいけなくないですか?」ってすかさず反論。「でもあぶないから歩道を走りなさい」ってよ@そしたら歩行者が危ないじゃん@
ぁ。あとあと@信号とかで、歩行者用の信号ありますよね。自分が自転車に乗っているときは歩行者ではないから、車と同じ信号を見ます。例外として、信号に、「歩行者、自転車専用」って付いてるときがありますけど。
うちの学校の前はフツーの信号。もちろんβは警官がいようが、指導員がいようが、車の方の信号で。・・・はい。もちろんストップです。なんでとまらなきゃダメなんですか@

そんな感じで交通安全指導の日は朝から機嫌が悪くなります。

ぁ。クラスが変わりました。α。β、γ、ともに同じクラスです。きっと陰謀です。
担任は。。。とても・・・なんかなぁ。短気なβ的にはこの1年乗り切れるか心配で。
数学の教師なのですが・・とにかく細かい。しかも9割は無駄。はっきり言います。無駄です。断言します。無駄です。能率、効率と言ってますが・・・そんなん考えてる暇があったら動いた方がよほど効率イイですって。現代社会でこんな言葉を習いました。「パラサイトシングル」です。独り身の寄生虫。意味深です。Tommy先生~@

以上。βでした@
[ 2006/04/18 23:35 ] 世相を考えるーβ | TB(0) | CM(0)

鉄人 

 すんません・・・・言い訳はナシで・・・・

 本題へ・・・

 先日阪神タイガースの金本選手が連続試合出場数の世界記録を塗り替えました。阪神ファンでなくとも、野球ファンなら誰もが歓喜したことでしょう。野球の試合を休まず900以上1イニングたりと欠かすことなく出場し続ける、これは到底できないことです。精神的にも肉体的にもとても辛いでしょう。普段の高校生活とは比べてはいけないぐらい想像のできないことだとおもいます。しかも金本選手は骨折しても出場したほどの人です。・・・まさに鉄人の名がふさわしい人物だと思われます。

 なぜ金本選手はこれほどまで頑張ってきたのでしょう?

 やはり第1に挙げられるのはプロとしてのプライドでしょう。選手という‘仕事’に対する意識が名選手の中でも高かったためだと考えます。
 第2に挙げられるのは高い目標があったこと、そしてそれを目指して諦めなかったことだと考えます。人間目標を立てそれを目是して頑張ることで自分の力が存分に発揮できるものです。金本選手な場合、世界記録更新という偉業を前により燃え、不断の努力によって体調を造りそして得たタイトルだと思います。それ以前にチームのため、というのが大きかったと思います。金本選手は阪神の中心的人物、それを認識していて自分が頑張ることでチームを引っ張る事ができる、そんな思いを持っていたからかもしれません。
 そして、なにより心支えとなった家族の存在、これがもっとも大きいのかもしれません。自分を丈夫に育ててくれた両親、自分が守っていく妻子、これがなによりいかなる精神的、肉体的苦痛にも耐え抜いてこれた秘訣かもしれません。このことはとても言葉では表しきれないものがあります。
 
 金本選手にはこれからも頑張っていってもらいたいです。


 そしてこの金本選手の頑張りの理由として挙げた上の3つは、普段何気なく生活している若者にとってもっとも欠けているものであり、もっとも必要なものではないかと考えます。
 自分のする事、もしくは自分自身へのプライド、目指すべき目標にそれへの執念、そして心の支えとなる存在、これらが合わさった時、素晴らしい結果がそこには残ると考えます。
 すでに新しい生活が始まっております。自分は上のことを少しずつでも実行していけたらな、と思います。



 いろんなことがありましたが一年とは早いものです。・・・・来年の今ごろ自分は何をしているのかは、今の頑張りで決まるのかもしれません。
 以上αでした
[ 2006/04/10 23:00 ] 世相を考えるーα | TB(0) | CM(0)

若者 

 今回は現在の社会問題になっているニート・フリーターについて先日興味深い事がテレビで紹介されていたので自分の覚えているかぎりで伝えたいと思います。

 ニート・フリーター問題を解決するために今全国各地を回って抗議をしている人がいます。残念ながらその人の名前を忘れてしまったのですがその人は専門学校の方でもともと学生に対してニート等にならないように講義されていたようですが、その力を認められ厚生省だかどっかの役所公認で全国各地の主に学校を中心に回っているようです。

 その人がテレビで紹介された時は若者向けではなく保護者、大人向けの講義をされていましたが、内容は若者である自分が見ても納得のできるものでした。
 まず現在の若者の意識を何ヶ国かを比較し、日本の若者が他の国に比べ勉強に対する向上心の低さをクイズ形式で示した。まぁ確かにと自分は納得した。自分もそうだし回りを見てみてもそれほど重要視しているように見えるものは少ないと感じる。
 次に企業が求める年齢層と解雇される年齢層のグラフを示した。そこに表れされたのは、どちらも若者の層がもっとも高かった事だ。
 この二つからわかることは、若者の意識が低いのも事実ではあるが、将来職につきたいのに企業から解雇されやすいという大きな不安があるために自信がもてない、というのだ。

 そこで大人に求められたのは若者に自信を持たせる、ということだ。そこで紹介されたのが
1言葉合わせ
2鏡合わせ
3呼吸合わせ
という方法だ。
 1の方法は相手の言葉を繰り返す、とのこと。繰り返す事で相手に自分は話を聞いていることをしっかりと伝え、安心感を与えるとのこと。
 2の方法は相手の動きを真似する、とのこと。・・・・理由は忘れてしまいました・・・・・・・
 3の方法はまさしく呼吸を相手と合わせる、とのこと。そうすることでなぜか相手の心がわかりやすくなるというのだ。自信を持たせるためには相手の今の心境をわかってやれなければならない、その時に役に立つようだ。

 そしてもう一つ、大人がする事として紹介されたのは、相手に対して「答えはあなた自身の中にある」ということを伝える事だという。大人は進んで答えを相手に伝えるのではなく、相手が自分で答えを見つけるようヒントのような事を伝えるべきである、とのこと。そうすることで自分の力で進んでいけるようになるようだ。

 このように自信をつけることで若者のニート・フリーター問題が少しずつ解決していけばよいのではないかと思う。


 今回テレビを見て思ったことは、ニートがどうのこうのではなく、自信を持たせる方法がこれは若者であっても相談を受けた時に使えるのでは、てことでしたね。若者同士での相談ってのも結構あると思うので、相談を良く受ける人は試してはいかがでしょうか?・・・・って自分が言うべきではないのかもしれませんが・・・

 以上αでした
[ 2006/04/04 23:22 ] 世相を考えるーα | TB(0) | CM(1)

民主党をかき回した男 

どうもγです。課題を諦めてブログに集中します。


少し時代遅れな感じも否めませんが、堀江メール事件に関することです。

今回のメール騒動、民主党の永田議員をはじめ、民主全体がメールのねつ造を認めると言う形で決着が付いた訳ですが。。前原さんも辞職ということで、民主党はこのニュースで窮地にたたされているように思えます。


そもそも、このメールはどこから生まれ、どんな経路で永田議員のもとに渡ったのか。
影の人物として、『西沢 孝』という名前が挙がっています。

彼はいったいどのようなヤツなんでしょう??

西沢孝・・・ネットで調べるといろいろと興味深い人物像が浮かんできます。。

色々な肩書きが。「元フリー記者」ですとか、「出版社の役員」そしてそして、「格闘家」であったようなんです(笑)これはマジ情報っぽいです。

プロ格闘団体の修斗というリングで格闘家としてデビュー。戦績は1勝2敗。ですが彼はリング外でも相当な問題を起こしたということで、全く訳がわからん人物な訳です。。

これらの多くの肩書きがいったいどのような順番で付いたのかも良く分かりませんので、引き続き調査ということで。。。

今日は特別論じませんでした。アクセスアップ狙い!!(笑)

γでした。。
[ 2006/04/03 22:20 ] 世相を考えるーγ | TB(0) | CM(0)

ゴメンナサイ。 

最初に誤ります。ゴメンナサイ。

ー貼り付け開始ー

バンダイビジュアルは4月7日、初代「機動戦士ガンダム」テレビシリーズ全43話をDVD化した「機動戦士ガンダムDVD-BOX」を発売すると発表した。全2巻で、1巻を12月22日に、2巻を来年1月26日に発売する。

 テレビシリーズ全43話を11枚のDVDに収録。BOX第1巻は1~24話を収めた6枚組、2巻は25~43話の5枚組。初回限定生産とし、1巻は3万7800円(税込み)、2巻は3万1500円(同)。9月14日までに店頭で予約すると、特製アクションモデル「1/200RX-78GUNDAM Limited Version」が付くキャンペーンを行う。11巻の単品販売は来年2月23日から。販売に先駆け、7月からレンタルを始める。

 初代ガンダムは27年前の1979年4月7日から翌年にかけて放映され、ファンからは「ファーストガンダム」と呼ばれ現在も根強い人気を誇り、DVD化が待望されていた。

 ガンダムシリーズはバンダイビジュアルの売上高の20~40%を占める生命線。1988年から販売してきたシリーズのビデオ、レーザーディスク、DVDは今年3月までに累計1200万枚を突破した。同社は2007年2月期、ガンダムシリーズ全体で80億円以上の売り上げを見込む。


ー貼り付け終りー

完全にBlogと離れてますが。キニシナイでください。

1979年の放送開始からもう27年です。ファースト世代は30代、40代になっています。会社でも重要なポストにいたり・・・。
ガンダムを見た人ならばダレもが1度は「ガンダムを作りたい」と思うはずです。ここ数年ロボット技術が飛躍的に伸びました。その中心になっているのはやはりガンダム世代なのだと思います。アニメって人を大きく左右する存在なのです。

以上βでした。
[ 2006/04/02 00:17 ] 世相を考えるーβ | TB(0) | CM(0)

何のために・・・ 

 ん~~~~最近みんなへたれになってきてますね~。まぁ、理由はなんにせよ後からしっかりと書いていますのでご了承ください。

 では本題へ

 先月末小学生が転落死した事件が急展開を見せた。当初事故として片付けられそうだったが掃除をしていた女性が襲われたことにより殺人事件と捜査が変えられ、そして今日犯人が捕まった。 犯人は妻子もちの男性、犯行の動機についてはまだ明らかになってないが犯行を認めているようだ。
 
 やはりこの事件について注目されると自分が考えるのはその動機である。自分自身子どもを持ちながら他の人の子ども殺害した。当然親の立場を思うことができたはずである。しかも事故に見せかけるようなやり方で・・・用務員の女性も襲ったことを考えると誰でも良かったのかもしれないがやはり動機は気になる。
 同じ立場に立つ事が可能な人間の犯行、このことは被害者の家族だけではなく様々な人が怒りをおぼえるのではないのだろうか。何故こうなったのか。これからも気にしていきたいところである。


 今回の事件で疑問に思ったことがもう一つ、何故あの建物のエレベーターは全ての階に止まらない設定なのだろうか。
 もし全ての階に止まることができ、少年が直接自分の家がある階に行ければこんな事は起きなかったかもしれない。第一人が住む建物なのに住民に対して快適と言えるサービスではないと考える。エレベーターがあるのなら全ての階に止まるべきであるのが普通ではないのか。
 更にはここでは不審者の目撃情報があってから防犯カメラなのど安全対策をしたとのこと。そんなんで住民の安全が守れると思っていたのだろうか。

 今回は疑問点が多い事件だが自分が情報をあまり得ていないためにあまり突っ込んだところまではいけないが、またの機会に再び書きたいと考える。



 とまぁ、結局自分もへたれですよね(笑)文の構成力の無さにはホント情けないです。以上αでした。
[ 2006/04/01 23:11 ] 世相を考えるーα | TB(1) | CM(1)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。