スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

もうすぐ春休みも終わりますが・・・ 

春休みももうすぐ終わります。・・・そう終わります。
たまっていた記事を一気に書こうと必死なβです。

なにについいて書こうかなぁ・・・。

コレ!

ー貼り付け開始ー

 転落事故から3年半がたつ。以前私は高次脳機能障害だった。「3+5」といった簡単な計算すらできず、娘の名前を思い出せなかった自分の脳。そんな状態であったにもかかわらず、当時途方に暮れたことは覚えているのだから、脳とは不思議なものだと思う。幸い適切なリハビリのおかげで事故後3カ月間の休職後、前の職場、サンデー毎日編集部に復帰できた。

 大きな後遺症もなく、記者を続けてこられた。あのひどい状態に戻ることはもうないのだと、最近ようやく自信が持てるようになった。自身がかかわるテーマだからだろう、脳の研究については持続的に取材してきた。そうした中で最近私は、ある大学教授が著した「ゲーム脳」に関する著作に批判的な記事を書いた。

 脳研究に詳しい人は「いまさら『ゲーム脳』批判もないだろう」と思われるかもしれない。しかしこの“学説”はいまだに多くの人に科学として信じられ、教育委員会が講演会を主催するほどなのである。

 3月、教授の講演会に足を運んだ。教授の口からは私の記事への批判が何回か出てきた。それはまあいいのだが、怖いのは聴講した人たちの反応だ。「テレビゲームをやり過ぎると、脳が認知症患者と同じようになっていく」という主張を、無批判に受け入れているようなのだ。「科学的な裏づけがある」と信じているのだろうが、実はそうではない。ゲーム脳は確かに、問題提起としては悪くない。子供のゲーム好きを苦々しく思っている大人から見れば、我が意を得たりといったところだろう。だが、科学的な研究でゲーム脳の恐怖を突き止めたように世間に広めるのは、いささか度が過ぎるのではないか。

 教授が言うように、前頭前野のα波、β波の増減データから前頭葉が働かなくなったとは言えない。そもそも脳波を測定した機器にも問題がある。脳科学者の久保田競氏(京都大名誉教授)は「彼がやらなければならないのは、自分の作った脳波計で正しく脳波が取れていることを、脳波の関係学会で発表することです。それすらやっていませんね」と手厳しい。

 理系的な側面から追及しなくても、論理的な破綻(はたん)は随所に見られる。「議論のウソ」(小笠原喜康著、講談社)が分かりやすく指摘しているので、興味のある方は参考にしてほしい。

 「脳科学」を冠した非科学的な書籍が今、いかに多いことか。だが、こうした“研究”の広がりによって、脳科学とはこの程度のものか、と思われるのは困ったことだ。業を煮やした「日本神経科学学会」(会長・津本忠治大阪大名誉教授)は会報「06年1号」で次のように書いている。

 「論理の飛躍した本は研究者としては、相手にしない、あるいは放置しておけばいいとの見方もあるかもしれません。しかしながら(略)間違っている場合は基礎的な神経科学研究の重要性の理解を減弱させ、また神経科学に対する信頼性を損なうという種々のマイナス効果を生み出すと思われます」

 ゲーム脳だけではない。例えば、早期教育。早い時期の脳への刺激によって、ある種の能力が発達するのは間違いないようだ。だからといって、いつでも早期教育が有効なわけではない。子供の早期教育に励む知人もいるが、ある脳科学者は「研究すればするほど、早期教育が有効かどうか分からなくなってくる」と、もどかしそうに言う。

 学会が心配する通り、近ごろ脳神経科学というサイエンスの信頼性が揺らぎ始めたように思う。そのためなのか「脳に対する日本の研究費はこの1、2年、減少傾向にある」と、ある研究者は嘆く。うかうかしていると、脳科学そのものが「とんでもサイエンス」というレッテルを張られかねない。

 最近、交通死亡事故の減少が顕著になってきた。だが負傷者は増えていることをご存じだろうか。私は入院中やその後の取材で、事故による頭部外傷で脳に障害を負った人たちと接してきた。外傷患者に限らず、脳を患った人たちは脳科学の進歩を願っている。こうした願いに、研究者はどう応えるのか。

 研究成果を上げるのはもちろんだが、一般社会への発信にも、もっと力をつくすべきではないか。例えばゲーム脳が間違っているのなら、その批判も積極的にしたほうがいい。早期教育の効果が科学的に証明されたわけではないのなら、注釈を加えてもらいたい。

 障害者だけではなく、脳神経科学の発展を願っている人は多い。にもかかわらず、このサイエンスはミスリードが多過ぎる。【若狭毅】

ー貼り付け終りー


βはゲーム好きです。
そしてこのゲーム脳的なことを半分ほど信じていました。
このゲーム脳は確かに親サイドから見れば、子供に「ゲームばかりやっていると頭が悪くなる」とか言う絶好の機会になりますよね。
しかし、ゲームをやっているときはほとんど脳が動いていないとか言いますが果たしてそれは本当なのでしょうか?
最近のゲームはかなり難しくなっています。対象年齢の高いゲームはホントに難しいです。PCゲームでR18(アダルトな意味ではない)のゲームがありました。コレは人間関係のドロドロしたものなどをテーマにしたもので、相手プレイヤーと協力したり裏切ったり・・・こんなことを何も考えずに出来る子なんているんでしょうか?
それに何も考えないで出来てしまうゲームは面白くないですよね?

MMORPGというものが最近増えてきています。自分もやっています。コレは面白い。ゲームもさることながら、実際に実在する人との会話が出来る。すっごく頭を使います。言葉だけでコミュニュケーションを取るんだから非常に難しい。

ま、ゲームもしっかり選べば、プラスになると思います。

ぁ~手ぬいちゃった。。許してください。
以上βでした。
スポンサーサイト
[ 2006/03/30 23:57 ] 世相を考えるーβ | TB(0) | CM(0)

ただいま 

 今日ようやく合宿から帰ってきて疲れ果てています。しかもテレビ、新聞とは到底縁が無かった4日間だったのであまりネタがありません。その中で合宿中にちょっと見たニュースから軽く行かせていただきたいと思います。

 本題へ

 サリン事件を起こしたオウム真理教の教祖松本被告に死刑判決が下された。世間から見れば当然と思われるものだったが弁護側の言い分は「精神的」に問題があったと主張し刑を少しでも軽くしようとしていたようだった。それに対し裁判官側は独自に調べ被告には以上は認められないとして弁護側の主張を退けた。
 「精神的」に問題がある、もう少し明確な言い方をすれば責任能力の欠如、このように認められた犯罪者の罪は軽いものとなる。
 
 これは正しい判決なのだろうか?殺人を犯して責任能力が無いからといって刑が軽くなる、そうなったとき被害者の家族はどんな想いとなるのだろうか。愛する者を奪われた人はどう感じるだろうか。憤りを感じるはずである。
 第一「精神的」に問題のある人間を再び社会に出れるような処置をしてどうなるというのだろうか。自分ではわからないのだから過ちを繰り返すだけではないか。例え矯正して出したとしても大人になってまでおかしい人間がそう簡単に変わるとは思えない。今まで生きてきた分と同じくらいの時間を費やすといっても過言ではないはずだ。もし簡単に矯正できるのならばその時点で疑いが出ておかしくない。罪を重くする処置をとるべきである。

 「精神的」に異常が無くとも責任能力が欠如している人間は多いと考える。その中には自分もはいっているかもしれない。責任、決して軽い言葉ではない。



 とまぁ今日はこの辺で。以上αでした
[ 2006/03/29 23:20 ] 世相を考えるーα | TB(0) | CM(0)

政令指定都市 

最近ヘタレなγです。


近頃、また新たな政令指定都市が誕生します。大阪府堺市です。昨年は我が県静岡県の静岡市も政令指定都市となりました。

ですがここで。政令指定都市とは何ですかと、こういう話になりますわなぁと思う訳です。

<政令指定都市とは(wikipediaより)>

政令指定都市(せいれいしていとし、政令市、指定市ともいう)とは、日本で地方自治法第252条の19第1項の規定に基き、政令(地方自治法第二百五十二条の十九第一項の指定都市の指定に関する政令)で指定される市である。同法においては「指定都市」というが、政令によって指定されることから一般に「政令指定都市」と呼ばれる。


<貼付け終わり>


意味分かりませんよね?ですが、例えばどんな都市が政令指定都市となっているかを見ると・・・。

札幌市
仙台市
さいたま市
千葉市
川崎市
名古屋市
京都市

など、あげただけで一目見れば分かりますよね?我々のイメージで言えば、『ちょっと都会な都市』なのです。


政令指定都市になると、ひとつの都道府県とほぼ同じ行政権を得ることも出来、国からの多くの援助も受けられるため、多くの都市が政令指定を望んでいます。近隣の市と合併してそれを目指す市もあるのですが、実際には国としても政令指定都市を作りすぎることも出来ないので、難しい問題なようです。、、

以上、ヘタレγでした。。。



[ 2006/03/28 18:09 ] 世相を考えるーγ | TB(0) | CM(0)

文化祭といえば・・・ 

こんばんは。γがサボってるなぁ~なんて言っていた次の日にサボってしまったβです。

最近ホントに書くことがない。なに書こうかなぁ・・・なんて考えていると眠くなって寝てしまう。そんな毎日です。

さてさて。今日は文化祭について。βは某F高の文化祭の実行委員をやっています。そこでチョット気になったことを。

文化祭といっても某F高と妹の中学の文化祭にしか行ったことがないので、他の高校のことは良くわからないですが・・・。
我が高校では、食べ物系のお店を5件ほど出します。文化祭=お祭り=出店がイッパイ。というイメージを持っていたβなので、入学して1年目の文化祭で「なんだ。コレだけしかお店が出ないのかよっ」と思っていました。そして今年は実行委員となり、「出店を増やす」と思っていたのですが・・・・。
どうも毎年出店のことで教員vs生徒の戦いが繰り広げられているらしい・・・。
たった5件の出店でさえも多いとの事。食べ物を売る店が5件しかないなんて・・。

ちなみに当日、生徒は学校外に外出禁止で、昼は持ち込みか、その場で買うのみ。

40人1クラスで1学年8クラス。それが3学年。
40×8×3=960
1000人ちかい人間の食べ物をたった5件の出店でカバーしようなんて・・ちょっと無理なんじゃないのかなぁ?と思いますが。
外部のお店を入れるとか・・・。
文化祭なんだから一般の方も来るはずで。もうすこし華やかにやってもイイのではないでしょうか?


そういえば、教師って生徒が企画運営する行事には消極的ですよね・・。って思います。


以上書くことのないβでした。
[ 2006/03/27 23:03 ] 世相を考えるーβ | TB(0) | CM(1)

今日は・・・ 

本日はαの担当ですが、部活の合宿?のためお休みです。

γがかな~りサボってますが、もちろんサボった分だけ書かせますから。

以上βでした。
[ 2006/03/26 20:41 ] 世相を考えるーβ | TB(0) | CM(0)

住宅ローン上昇 

こんな記事が。


三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行など大手銀行は31日、住宅ローンの基準金利を4月からそれぞれ引き上げると発表した。日銀による量的金融緩和政策の解除で、中長期国債の利回りなど目安となる市場金利が上昇したことを受けた措置。市場金利は、量的緩和の解除前に上昇を開始したため、各行は3月1日にローン金利を引き上げたばかりだった。

 住宅ローンは現在、借り入れ当初一定期間の金利を固定するタイプが主力で、固定期間終了後は基準金利が適用される。1990年代後半以降、歴史的な低水準が続いていたローン金利は、今後もさらに上昇が避けられない見通しで、残高が比較的多い30代から50代の負担が増えそうだ。 
(時事通信)



雇用率があがったとはいえ、住宅ローンは値上がりを続けていくようです。時代的に、今の僕らの親世代が大きな負担になるということです(笑)

苦しい!(笑)γでした。。。

[ 2006/03/25 17:13 ] 世相を考えるーγ | TB(0) | CM(0)

国の借金って・・・ 

こんばんは。定期演奏会を明日に控え疲れがピークのβです。
今日Tommy先生に会ったので、Blogランキング抜きましたよ~って言っておきました。。
目標を1つ達成。
Tommy先生は幸い左遷されずに某F高に居残るそうで。是非現社を習いたいと思います。

次の目標はランキング1位ですかな・・。

さて。今日は・・・今日もネタがないので、がんばって探してきました。

ー貼り付け開始ー

財務省が24日発表した昨年12月末の国の債務残高(借金)は、同9月末比で14兆1628億円増の813兆1830億円になり、800兆円の大台を突破した。赤ちゃんを含めた国民1人当たりでは約637万円の借金を抱えている計算になる。国の借金は05年度末には約848兆円に膨らみ、地方の債務残高(国との重複分を除いて約170兆円)と合わせると1000兆円を超える見通し。

 量的緩和の解除で長期金利が上昇すれば、国債の利払いなどがかさんで国の財政がさらに圧迫される可能性もある。

 国の債務残高は、国債と政府の借入金、政府短期証券(FB)を合算したもの。財務省が3カ月ごとに公表している。

 一般会計の歳出に充てている普通国債の残高は同8兆27億円増の525兆9234億円と増加の一途をたどっている。税収不足を埋め合わせるために毎年新規に発行しており、バブル崩壊後の景気対策のため大量発行した国債も積み上がったままだ。

 国債には、政府関係機関に資金を貸し付けるために01年度から発行している財投債なども含まれている。財投債は償還を迎える債券が少ないため残高は増え続けており、同6兆2060億円増の133兆2389億円になった。

 借入金の残高は同1兆4969億円増の59兆3494億円、FB残高は同9799億円減の90兆593億円だった。

 貸付金に振り替わっている財投債と短期的な政府の資金繰りに充てるFBを除いた額が、財政に影響を与える長期債務残高と位置付けられ、国・地方合計の同残高は05年度末に約770兆円、06年度末には約775兆円に達する見通しだ。【吉田慎一】

毎日新聞 2006年3月24日 21時14分

ー貼り付け終りー

・・・半分くらい分からないですが、頑張ります。

とにかく、日本の借金がすごいって事ですよね。
国の借金=国民の借金となるわけで、国が借金を返すにはカネが必要。そのカネはどこから?というと国民の税金なわけで。結局国民が払うことになるんですよね。これは困ります。↑の記事にあったように1人あたりの借金は600万円。こんなに返せませんて。
景気が良くなって量的緩和の解除により利子が増えますます苦しくなっていく予定・・。

日本の政治の最優先はこの借金返済ではないんでしょうかね。そういえば、アメリカの飛行機が訓練中に日本に落ちた事件・・・の損害賠償を日本も何割か負担するような。そういう条約だからしょうがないんでしょうが、国民としてはどうも納得行かない気がしますよね。



あぁ・・・もう限界。オヤスミナサイ。
以上βでした。
[ 2006/03/24 23:59 ] 世相を考えるーβ | TB(0) | CM(0)

課題 

 え~と何から申し上げればよいか。最近学校が休みとなりメンバーが会わなくなったせいか、日にちの感覚がおかしくなったせいか、疲れのせいかわかりませんがミスが生じております。すみません。自分以外の二人が定演を控えているとのことで疲れ果てているかと思われるのでご了承ください。
 
 では本題へ


 先日終了したWBC、日本が優勝と素晴らしい結果で終わりましたがその裏で課題が浮かんできました。
 一番の課題といえるのが審判でしょう。国際試合にも関わらず審判はアメリカ勢で構成されていました。このことは開催される前から批判を受けていたようです。それにも関わらず押し切った国、当然アメリカです。
 アメリカの審判のお偉いさんの言い分「メジャーリーグのルールで行われしかも一回目である。経験を積んだアメリカ人が審判をする事に遺憾は無い。」のようなことである。まぁ確かに、と納得するところもあるがその結果があの‘世紀の誤審’である。
 やはり国際試合においてほぼ一つの国が審判を行うのはおかしい事である。世界各国から審判を集めて経験を積ませる講習なようなものの期間を設けその後開催するなどの手順を行っても良かったはずである。どうもアメリカの良いようにやられた気がしてならない。
 更には今回の収入の3割以上がアメリカに入るようだ。日本は7%、これでも2番目に多いそうだ。あまりにも不公平すぎるのではないだろうか。
 WBC、いろんな面から振り返って見てもアメリカのやりたいようにやっている事が見えてきている気がするのは自分だけであろうか。
 国際試合とはどの国にもフェアでなければならないのが当然である。しかし、アメリカが勢力を振るった今回は多くの課題が残ったと自分は考える。そのアメリカが優勝しなかったのも笑えるがね。 

 ちなみに韓国が「日本は韓国に負け越している。恥ずかしい優勝だろうね」とのコメント出したようだが韓国に負け越した事は事実ではあるが結果として日本が勝ち優勝したわけであり負け犬の遠吠えにしか聞こえない気がする。自分としては勝負どころで勝てなかったのだからそちらのほうがよっぽど恥ずかしいのではと考える。


 今回20分かけて書いた文がなぜか全部消えてしまい「は~~~~~!!!」と嘆きながら書きました。やる気が消失してしまい変な文となってしまいましたがご勘弁を・・・
 ちなみに自分の春休みの課題はまだまだ残ってます(笑)以上αでした。
[ 2006/03/23 23:45 ] 世相を考えるーα | TB(0) | CM(0)

禁煙に保険つかえる? 

今日こんなニュースをテレビで見ました。γです。今日は22日(笑)


さて、禁煙に保険が適用されるということなんですが、ちょっとずるい気がしますよ?

まず、なんといってもずるいのは禁煙しようとする喫煙者でしょう。お金のサポートを受けなきゃ禁煙できないのかと。そのまま吸い続けるのとそんなにかかるお金が変わらないのは気のせいでしょうか?

喫煙者が減ることは良いことなんでしょうがねぇ、でも一方では喫煙者に恩を被っているんですよね、税金なんかその例で、かなりの額ですから。最近の禁煙ブームによってタバコ税も上がりましたけど。。。

そしてずるいのは、禁煙するためにいく病院側です。もうけを病院側でほとんどとることになりますよね。


今では、タバコは楽しみではなく、病気ととらえられているようです、以上、タバコを吸う気にはなれないγでした。
[ 2006/03/22 09:26 ] 世相を考えるーγ | TB(0) | CM(0)

WBCもイイですが・・・ 

某F高吹奏楽部定期演奏会が25日とだんだん迫ってきて、練習がしんどくなってきたβです。

前日の記事ではαのテンションが異常でしたね。そんなに野球好きだったのかな?って事は今日もさぞかし喜んでいることでしょう。なんていったって優勝したのですから。
ここでWBCの記事を興奮しながら書くのも・・なんとなく嫌なのであえて違うことを書こう・・・と思ったけど、最近ネタがない。ニュースはイッパイあるんだけど、とても自分には分からない問題で。米軍基地の問題とか・・・気になるけどよく分からない。だからそれはTommy先生に任せておいて。。

今日夕飯を食べながらテレビを見ていたら「学校へ行こう」で面白いことをやってました。ちょうど「学校の校則について」でした。見た方もいらっしゃるんではないでしょうか?
自分は、変な校則?のところしか見ていないので、今から書くことがテレビと被るかもしれませんが・・・。

生徒なら校則についてイロイロ考える事があると思います。なんていったって、一般生徒にはうるさいだけですからね。
自分は校則がどうも気に入らない。いやいや。校則はあってもイイですよ?校則で生徒を拘束しておかないと手に負えませんから。それは分かります。でもでも、拘束しすぎじゃないですか?自分は理不尽に拘束されるのがイヤなので、変な校則については、教師に対してもちろん反抗・・・否、質問します。

校則って高校によってさまざまです。なので、今から書くことは某F高ダケかもしれませんが。

さて、手元に生徒手帳なるものを用意してみました。
さ~っと読んでみます。

そのなかの「生徒心得及び諸注意」なる項目へ・・
その中にこんな項目が・・
2、生活上の心得
  8、授業料そのたの納金は期限内に収めること
    →某F高は基本的にはバイトを禁止しています。
     なので、生徒に言われても困りますよね・・。
  10、服装、頭髪は清潔にし、華美を避け、
     いたずらに流行をおったり、技巧をこらしたりしないこと
    →これは非常に逃げた書き方をしてると思います。
     清潔は分かります。
     華美、いたずらに流行を追うなどの抽象的な言葉を使うと
     なんでも教師の思うとおりになってしまいますよ。
  13、男女の交際は清純明朗であること。
     →コメントなしで。
3.服装についての心得
  まぁ、この服装はどの学校も同じかな?
  めんどうだけど全部書くか・・・よ~く読んでください。

  1、服装について次のように定める  
    1)男子
      イ、通常の学生服上下、所定のボタン、学年章をつける
      ロ、夏期の上着は白のワイシャツ、開襟シャツとし、
        学年章をつける。但し特別ば理由のある場合は
        学生服上着を着用してもよい。
      ハ、夏期の服装着用は6月1日から9月30日までとする
    2)女子
      イ~チ。長いので省略。
  2、靴は黒(茶)短靴または運動靴とする
  3、通学時は原則として制服を着用することする。
  4、学校を代表して外出するときも原則をして服装規定に従う。
  5、傍観儀の着用は12月1日から3月31日までとする。
    但し、体調不良等で防寒着を必要とする場合は願い出て
    許可を得て用いること。
  6、その他の服装については、質素、清潔、安全第一とし、
    高校生としてふさわしいものを用いること。

ふぅ。さて、ココで1つ実体験を。かなりまえ、自分が制服のカラーをつけていなかったことで、お叱りを受けました。
カラーって制服の首のところについてる白いヤツですよ。アレ邪魔なんですよね。冬は特に。冷たくなっちゃってそれが首に当たってひんやりと。
そもそもカラーってなんなのでしょ?なんであんなものがついてるのでしょうか?ってことでカラーを辞書で引いてみる。 
 カラー(collar)
  ヤイシャツ、洋服の首回りに付いている、装飾用の布。襟。

なんか矛盾してますよね。って思いませんか?質素、清潔、安全第一なことが原則である生徒の服装。普段着ている制服に装飾がされてるなんて。質素じゃなくなってしまう、華美になってします。むしろ取るべきなんですよ。カラーは。
って言うと大体の教師は「減らず口なんか言ってないで、校則に従え」って言うでしょうね。
でもなにも考えずに校則に従うよりは多少は考えた方がいいですよ。じゃぁなぜ学生服にはカラーが付いてるの?なぜつけなきゃいけないの?って聞き返して、まともなしっかりとした返事を返せる教師はほとんどいないでしょう。今までまともな、納得できる答えを聞いたことがありません。
十分に校則を理解していないのにその校則を押し付け、生徒を拘束するなんてバカらしいと思いますよ。

結局ナニが言いたかったのかをまとめると、

校則は学校生活においては必要な物ではある。が、明確な理由も分からない校則は必要ない。意味も分からず校則を押し付けている教師はすこし勉強するべき。ちゃんと説明が出来ないのなら、校則で拘束しようとするな。また、生徒が気づかなければイイなんて考えも捨てる方がイイ。

生徒より教師の方が立場は上なのは確かにそう。教師は生徒に教えていて、生徒は教師から学んでいるのだから。では、なぜ校則については教えてくれないのですか?校則については学ばせてくれないのですか?

校則という小さいルールの欠点、矛盾が見破れない、気づいていても正しい答えが分からない。

これって、今の世の中そのものじゃないんですか?

ルールを作る側は自分の都合のいいようにルールを作り、カネを巻き上げ・・アマクダリ?
ルールに騙された人はカネを巻き上げられ、欠点、矛盾を指摘しても上手く逃げられ・・・。
若く頭のイイ人がセーフとアウトのグレーゾーンで金儲けを仕様とすれば、それを全力でつぶしにかかり・・・。

学校は小さな社会をあらわしている。まさにそのとおり。だから、今のうちから、世の中に出たときに正しい目で正しい判断が出来るように、もう少し考えながら、生きて行きたいと。

校則に行儀よくしたがって、イイ成績とって教師からほめられて喜んでいるようじゃ、社会に出ても上の人たちに使われる「優秀な駒」になってしまうかも。なにひとつ不自由なく生きられるかもしれない。でも、自分が100稼いでいたら80くらいは上の偉い人たちに吸い取られてる。なんてね。

自分は成績は良くないが、成績良くて騙されているよりかは、成績悪くても騙されずに生きたい。教師に嫌われても、自分で考えて行動したい。

と、思うβです。
偏った意見なんかな?それともただの負け惜しみ。。。
まぁそんな感じです。
[ 2006/03/21 23:59 ] 世相を考えるーβ | TB(0) | CM(0)

うれしーーーーー! 

 サアさあサア、ついに可笑しなことが起きたかもしれないこのブログ!気づいた人もいるかな?てか気づいてるよね普通に・・・まぁわからない人はわからないままで流してください。・・・

 では本題へ

 今日はWBCにおいて日本が決勝進出を決めた事について喜び半分で書いていきます。

 まずは、おめでとーーーーーーーーー!!!!!日本!!見事な試合でした!普段スポーツを見ない自分も今回の準決勝はじっくりと見てしまいました。感激ですね!松中選手のヘッドスライディングから始まった猛攻!さらに韓国打線を封じ込めた上原選手の力投!見事としか言いようがありません!決勝の相手は強豪キューバでありますが今の王JAPANならいい試合をして勝てるきがします!頑張れ!日本!

 とまぁ応援ムードなのですが、韓国戦について少し波紋(?)があったようです。3回中どの試合の前かは忘れてしまいましたが、イチロー選手のある発言が気になりました。「今後30年日本には敵わないと言わせてみせます。」のような発言をしたのです。
 みなさん、どう感じましたか?確かに強気の発言でこちら側としては頼もしいのですが、相手は韓国、何かと日本に対して敵対心を見せる国ですよ?今回は特に問題は起きませんでしたが何が起きてもおかしくは無かったと自分は考えてしまうのです。当然スポーツですからフェアな勝負ということで問題騒動になることはほとんど無いと考えますがやはり反日感情というものは侮れないと考えます。

 確かに過去に日本がしたことを考えれば許せないでしょう。しかし、それに対する姿勢ばかり強く示していては国際社会の平和なんていつまでたっても訪れるはずが無いのです。まぁ、日本側にもそれなりの姿勢をみせる必要がまだあるわけですからあまり強くはいえませんけど・・・



 今回は明らかな手抜きです・・・すんません。
 弱酸さん、コメントありがとうございました。確かに何でも教師に押し付けることは良くないと考えます。しかし、やはり仕事の立場として分別をつけて欲しい、そういうことを言いたかったのです。
 以上αでした。
[ 2006/03/20 23:08 ] 世相を考えるーα | TB(0) | CM(0)

小5児童の自殺 

こんばんわ、今日は19日、誰がなんと言おうが19日です、γです(笑)


北九州市若松区の市立小学校5年の男児(11)が、担任の教諭から注意を受けた直後に自宅で首をつって自殺していたことが18日、分かった。
 市教育委員会によると、小学校で16日午後、翌日の卒業式に向けた準備や掃除を行った際、男児が振り回した紙の棒が同級生の女児の顔に当たった。
 午後3時すぎ、担任の女性教諭が男児に問いただしたところ、反抗的な態度を取ったため、男児の上着の襟をつかんで数度揺すった。男児はバランスを崩し、ペットボトルを投げつけて教室を出て行ったという。
 午後4時半ごろ、帰宅した家族が自室で首をつっている男児を見つけた。遺書はなかった。17日夜、校長や担任教諭が男児の自宅を訪れ、家族に事情を説明したという。
(共同通信)


普段α、βと比べて教育の話題が少ない僕ですが、女王の教室を見たばっかりなので感化されて教育について書きます。。。


この問題、教師側か児童側、いったいどちらが悪いんでしょうか?

・・・という観点からみていくと、おそらく一生結論が出ない問題なんだろうなぁと思ってしまいます。。。

ではとりあえず今回のこの事件を自分なりに検証していくと。

卒業式の準備中に小5の児童がふざけていた→それを教師が注意→児童は言うことを聞かず→児童の胸ぐらをつかむ教師→児童がペットボトルを投げつけてその場を飛び出す。

そして、その日の午後に自殺、という事件の流れなわけです。

一見するとどちらが悪いなんていうのは言えませんよね、どちらかを責めることが出来ない問題です。ですが今現在わかっている、この児童と教師の事件以前からの関係等を考慮するとまた少し変わってきますよね。

細かい関係などは僕には分かりませんが、この児童も気が強いんじゃないかという印象を受けます。自分よりはるかに体の大きい教師に胸ぐらをつかまれてもひるまずにペットボトル投げつけるわけですから・・・自殺するようなタイプではない子なんでしょうね。思い詰めて自殺したというよりは、突発的というか、勢いにまかせたんでしょう、という印象です。

この児童の親は、「以前から教師と対立があった」なんて言ってますが、そんなん言われたら教師側にしてみたらお手上げな攻撃ですよね。ちょっとずるいかなぁ、教師自身にとってはただでさえ不利ですよ、死んでしまってるわけですから。。。

大変不謹慎なのは承知ですが、このように自殺した人の遺族は、自殺した当人の責任というか、当人の弱さを見て見ぬ振りをするという傾向が強いですよね。要因を当人に求められないのは、やはり死という現実があるからなんでしょうが。。。

いずれにせよ、自分から死ぬことはいけません!γでした。。
[ 2006/03/19 23:29 ] 世相を考えるーγ | TB(0) | CM(0)

ドーピング 

こんばんは。北斗の拳Movieがすごく見たいけど、一緒に行ってくれる人がいなくて困っているβです。
ネタがない。
ま、思ったことをすこしだけ書きます。

ドーピング。なにかと話題のWBC。その真っ最中、韓国の選手の1人がドーピングというニュースが出ていました。
韓国は日本と2度戦って、1-2.2-3で日本を2回とも下し・・・。韓国強いなぁ・・・なんて思っていた矢先の出来事でした。ドーピング。薬によって身体機能を1時的に高める?みたいな事しか自分たちには分かりませんが。
ドーピングなんて言葉はオリンピックの時期しか聞かないと思っていたんですけどねぇ・・。
そういえば、某F高の持久走大会のとき、βは前日からの風邪のためグダグダでしたが、病院でもらった薬を飲み、ためしに走ってみたところ、なんと、調子がいい。5km地点あたりから以上に調子がいい。疲れが出なく、最後まで気持ちよく走りきることができた。なんて事がありました。
・・・これもドーピングなんでしょうか?。

これがドーピングかどうかは分かりませんが、ドーピングに近い物なんでしょうね。風邪薬も引っかかるらしいですし。

持久走の苦手な自分が、ただの風邪薬1つでここまで楽になると言うことは、しっかり訓練している選手がドーピングをしたら、それはそれは身体能力はアップするでしょう。

・・そんな事をしてまで勝ちたいですか?世界大会レベルに出てくる選手は、すごい努力をしたと思います。とてもつらい練習に耐えられるほどの精神力を持っているのになぜ、最後の最後ですべてを無にしてしまうようなことをするのでしょうか。精一杯練習してそれでも負けてしまうなら、それはしょうがない。とは思えないのでしょうか?
でも実際は違うのでしょうね。やっぱり、勝てばヒーローなわけですから、どうしても勝ちたい、なにがなんでも勝ちたい。と思う人もいるはずですよね。国によってはオリンピックなどで金を取れば一生楽できるみたいな国もあるでしょう・・。


ドーピングをなくすことは出来るか?

はっきり言って難しいですよね。もし、優勝しても賞品がないとかだったら、みんなドーピングなしで正々堂々と戦えるんでしょうが。
しかし、スポーツの場でドーピング検査をしてそれで引っかかる。そして失格。なんて事はとても悲しいことですよね。出来れば検査なんてしないほうが、できればしないほうがイイのですが。。

ドーピングで金剥奪とか、そんなことがなくなる日は来るのでしょうか。きてほしいものです。


ぁ~・・・手を抜いてしまった。
ごめんなさい。

以上βでした。



[ 2006/03/18 23:55 ] 世相を考えるーβ | TB(0) | CM(0)

またですか・・・・ 

 最近自分の番がこないと見ることが少なくなってきてしまい、他の二人が何を書いたかも今さっき見たばかり。やっぱそれじゃまずいですよね。コメントを下さったお二人ありがとうございます。先に書いたように先ほど気づきました・・・・・すんません。これからはもっとこまめに見るようにします。


 では本題へ


 静岡県ににて教員が売春をしたとして逮捕された。しかもその教員はわいせつな写真を100枚以上持っていて「知人に頼まれて撮った。」との事。その写真を一枚1万円近くで知人に売っていたとの事。知人は写真をアダルトサイトに掲示していて中には個人が特定できるものもあったようだ。
 以前もこのような事件に対して書かせてもらったがやはり自覚が無さ過ぎると考える。教員が売春をする、知人のため、お金のために淫らな写真を撮る、そんなことで子どもに対しての教育ができるのろうか?このあたりの主張は以前に書いたとうりなので省略させていただくが今回は信頼についてのみ書きたいと考える。
 教員と生徒、この二つの関係は何よりも信頼の上で成り立っていると自分は考える。教員は生徒がついてきてくれる、生徒のためになりたい、将来を共に築きあげたい、そのような想いの上にあり、生徒は先生の言うことだから大丈夫、先生だからこそ打ち明けられる、などの想いの上にあること、それが理想の教育の場ではないかと考える。そして、そうなるためには絶対に信頼が必要であるはずである。信頼できない先生に悩みを打ち明けられるか?指導についていくか?答えはNOである。教育に明らかに悪い行為をする教員に生徒が信頼を置くはずが無い。それでは意味が無いのだ。
 そしてこのような事件において何より悪い事は当事者以外の教員の信頼も下がりかねないというところにあると考える。例え長年の実績もあり周りから評判の良い先生がいたとしても、入学してくる生徒、更には親にとっては見ず知らずの人であり、不信感を抱いてもおかしくない状況になる可能性が出てくると自分は考える。
 何より怖いのは親の不信感である。生徒は先生とじかに触れ合う中で信頼を取り戻すかもしれないが、もし親が教員へと極度の不信感を抱き子どもを学校にも行かせないという状況が起きてしまうと教員側は何もする事ができないはずである。そしてこどもは学校という社会を学べず不信感を抱きながら社会に出る事となるとも考えられる。
 考えすぎだというかもしれないがありえない話ではないはずだ。教員が現状を振り返り不祥事が起きないように心がけ、これから教員を目指す者がよく肝に銘じながらいくのならば防げるだろう。しかし、今確実に教員の不祥事、特にワイセツ行為が増えていると考える。そう感じるのは自分だけであろうか。このまま増加していけば先ほどの空想が間違いなく現実のものとなるだろう。そうならないためにも教育者は現状をしっかりかみ締めてもらいたい。信頼を忘れずに日々頑張って欲しい。

 ちなみに矛盾するが教員が生徒の信頼を得ることはそう簡単ではないと考える。生徒の信頼を得るためには問題行動をしないのは当然であるが、何より生徒より先に教員が生徒のことを信頼し生徒のことを考えた行動、発言をする事が重要ではないかと考える。言うのは簡単だが実際にできるかといえば正直かなり難しいと考える。何をすればよいかなどは今の自分には言うことができないが、心を開いていくこと、そうすれば生徒から何らかの反応が返ってくるのではないかと考える。


 教育って難しいですよね。自分は一応教員を目指しているので自分で書いたこのことに反しないようにします。
 以上αでした。
[ 2006/03/17 22:20 ] 世相を考えるーα | TB(0) | CM(1)

Winnyに限らず・・・ 

どうも、肩こりがヒドくすでにおっさん現象がはじまりつつあるγです。


今日はPC関連の話題です。

最近、Winnyなるパソコンのソフトによってコンピュータがウィルスに感染し、個人情報が流出するという事件が立て続けに多発しています。

まぁWinnyというソフト、これは大変便利なソフトなんですね。簡単に言ってしまうと、P2Pというシステムを用い、複数のコンピュータとファイルを共有し、自由にダウンロードできるというものであります。

ですがこのソフト、使い方が色々と問題視されているんです。
今回の情報流出問題より以前にも、著作権がある音楽ファイルなどを違法に他のパソコンからダウンロードした者が逮捕されるという事件があったのです。

確かに便利ですよね、CDをおかねだして買わないでも手に入れることが出来るんですから!これではCD業界の売り上げも減少しますよ、WinnnyをはじめとするP2Pソフトはそういう点でも弊害であると言えるのです。。。

このように便利なソフトが開発されてしまったために、このソフトのユーザが急激に増加してしまった、そしてそれにつけ込んだ人間が、ウィルスのファイルをWinnyを媒介として散布し、情報の流出につながるといった訳です。

ここでみなさんに教える、ウィルスにかからないコツ!

それは、P2Pソフトを使わないこと(笑)簡単ですがこれが一番の対策なんです。

みなさんも情報はきっちり自分の手でまもりましょう、ひょっとしたら、自分の情報はもうどこかに流出してしまっているのかもしれませんよ?

γでした。。
[ 2006/03/16 23:29 ] 世相を考えるーγ | TB(0) | CM(0)

学校教育に望む事 

こんばんは。新学期も近くなり、学校の授業もまったくなくなり、休日が多くなり、曜日感覚もなくなり、夜更かしのせいで時間の感覚もなくなってきたβです。学校から帰り即効布団のなかに入っていたので、なぜか冴えています。
前回の記事は時間がない。との理由で意味のワカラン記事になってしまって・・。翌日αに「何が言いたいのかさっぱり分からなかった」とのツッコミをいただきまして。これからは、時間がなくても、いくら焦っていても、しっかりと相手に伝わる文章を書けるように努力したいと思います。

さてさて、このBlogももうすぐカウンターが1000に。。1000番目の来訪者の方々には豪華賞品が・・・あるのかなぁ?それは3人で検討しないと分からないのですがね。
1000番を踏んだ方は是非是非コメントよろしくおねがいします。

そして、3人ともかなりのネタ切れ症状で、趣味の世界に入りつつあるこのBlogですが、そろそろ軌道修正をしないと。(一番趣味の世界に入ったのは自分ですが。)

って事で、今日のテーマは「学校教育に望むこと」です。

某F高は本日「芸術鑑賞会」なる物でした。1年に1回なにかしらの著名な方をお呼びして、芸術に触れよう。との企画なのですが。本日はシンセサイザーコンサート。クラシックを期待していた吹奏楽部員のβでしたが、かなり楽しむことが出来て^^

しかし、ふと思ったのです。我が学校は「芸術」に関して学ぶ時間が少なすぎると。我が学校は1年時に、音楽、美術、書道のなかから1教科選び、1年間学習する。それが終わると2年次からはまったく芸術に関する授業がなくなるのです。

たしかに、国数英理社などの教科は大事です。でもそれと同じくらいに芸術を学ぶことも大事だと思います。
自分は音楽が好きなのでその方面から見てみると・・・
音楽は小さいころからダレもが触れてきているものだと思います。個人的にピアノなどを習ったりしなくても、幼稚園、保育園などで、「歌」をうたったり、「楽器」を演奏したりして音楽に触れています。
中学高校になると演奏などからすこしはなれ、楽典的なことを習い始めます。
楽典に関しては・・まぁ少なくとも4年間は習っているはずです。
なのに、高校生に楽典の問題を出してみるとほとんど出来ないはずです。音楽は、知識だけがすべてではない事は分かります。が、ただ単に音を聞いているだけでは何の面白さも出てこないと思います。コンサートに行くにしてもその演奏会で演奏される曲目に対しての多少の予備知識がないと本当のよさは分からないのです。

1つの曲を演奏を聞くとして、その曲を調べます。誰がいつどこでどんなときに作ったか。そうすればその曲の大体のイメージはつかめます。曲を聴きながら風景なんかを創造することが出来るでしょう。そしていろんな指揮者のバージョンを聞いてみます。指揮者によってその曲の捉え方がさまざまだったりするので、同じ曲でも違う側面を見ることが出来るはずです。

そんなことをしていると1つの曲からさまざまなことが分かってきて、演奏会などを楽しむことが出来ます。

そのような予備知識の予備知識をつけるのが学校で習う楽典や音楽史のはずなのに、全然それが行われていないように思います。
そしてその予備の予備を飛ばして演奏会なんかを聞いていても、スゲー・・・くらいの感想しかもてないでしょう。まぁ、そこから興味うぃもち始められればよいのですが。

いくら難しい公式を頭に詰め込んだとしても、どんなに難しい英文が読めたとしても、感受性に富んだ人間は出来上がらないと思います。
音楽や美術などのさまざまな芸術に触れて、多くのことを感じ取れる人こそが、感受性のある人間になってゆくのだと思います。

そのような感受性に富んだ人間を育てる、人間形成の手助けをするのが、教育であるのではないでしょうか?
勉強漬けにするだけでは良い人間は育たないと思います。
芸術に触れることによりストレスを解消できるかもしれませんよ?
ゆとり教育などといいますが、休みを増やすことより、芸術に触れる場を提供する方がゆとりになると思います。

もう少し「芸術」に触れる機会を増やしたらどうでしょうか?

以上、今日はチョット早めに書いたβでした。
[ 2006/03/15 22:53 ] 世相を考えるーβ | TB(0) | CM(2)

審判として 

 さて昨日のγと同じような題名となりましたが今回のは大体何について書くかはわかると思われます。WBCでのできことです。

 本題へ

 皆さんご存知だと思われますがWBCにおいて日本がタッチアップによって勝ち越したとき対戦相手のアメリカの抗議によって走るのが捕球よりも早いとしアウトとなり結局アメリカのサヨナラ勝ちとなった。
 自分もそのハイライトを見たがどう見ても早くは無いと感じた。と言うより、何故これが早いとなるのか?そこに疑問を抱いた。そして誰もが疑問に抱いただろう点、審判がジャッジをくだした後抗議とはいえ簡単に覆してよいのか?何故試合をしている国の人間が審判をしているのか?、この二点についても当然遺憾の念を抱いた。
 まずは一つずつ考えたい。審判がジャッジを覆す、これはあって良いことなのか。いかなる試合にもルールがありそれを判断する審判がいるはずだと考える。審判は確かに試合の中において権威はある。試合を操ることもできるはずだ。
 だからこそ審判は常に公平な立場であり自分のジャッジには絶対の自信を持ち他者から批判をあびようとも一度下したジャッジを覆すことは許されないと考える。むしろ絶対な力を持つのだから自分のジャッジに異を唱えるものがいれは、野球なら退場などの対処を取るべきなのではないのだろうか。 ジャッジは試合の流れを決めるものであり簡単に動いては流れも簡単に変わってしまう、そして選手には何もすることは残されなくなってしまうのだ。
 今回の件を考えてみても初めのジャッジがそのまま通っていれば日本が勝っていたかもしれない。変わったからこそ日本の士気が下がり敗因となったとも考えられる。
 そして気になる点がここで出てくる。何故アメリカの抗議はやすやすと通り、日本側の抗議は訳のわからない理由で通らなかったのか。
 「全ては球審に権限がある」そう言い切ったが、では何故初めからアウトのジャッジを下さなかったのか。アウトかどうかを判断する塁審がいるにもかかわらずこの発言、グランドは広く、一人の審判では見きれないから何人かの審判がいるのではないか。その一人がセーフだとジャッジを下したのに覆した。ならば次からこの人が審判をする時には一人でやってください、と言いたいぐらいですね。
 そうしてアメリカ側だけが通った理由としてやはり真っ先に考えつくのが審判もアメリカ人であった、という点である。
 この理由ではないのかもしれないがやはり気になる点である。試合において公平なジャッジを下すことが原則だが審判がどちらかよりの人間であった場合情が入ったジャッジをしないとは言い切れないはずだ。WBCのような世界規模の大会であれば尚更である。そして普通世界規模で行われれば審判は試合をする国の人間ではなく中立な立場の国から出すのではないかと考える。サッカーでは中立の国で試合をするという事があるくらいだ、審判ぐらい配慮するべきであろう。これは明らかに運営側のミスである。この点を衝かれたとしたら運営側がどんな弁護をしようと見苦しいだけであろう。
 そして何よりも許せないこと、それは王監督のコメントにもあったが《野球の発祥の地であるアメリカで起きてはならない事》であることだ。自分たちが世界に広めたというのに他の国が納得のいかない対応を取ったこと、失礼極まりないと考える。
 然るべき対処を願っている。

 
 今回は多くの日本人、更にはアメリカの報道機関でも批判の声があがっているようだ。どのようになるか、少しではあるが期待しようと思います。
 以上αでした
[ 2006/03/14 23:29 ] 世相を考えるーα | TB(0) | CM(1)

K-1 PRIDE プロレス ボクシング 

γです。

今日はすこし趣味にはしる感じのネタになりますが、大事な問題ととらえられますのでこの話題を。。。

先日のプロボクシング亀田興毅対カルロス・ボウチャン戦のことをこのブログで少し触れたのは覚えていらっしゃるでしょうか?試合のあと、私はなんか煮え切らないなぁという気持ちでいっぱいになりました。どうもおかしなジャッジ、といいますか・・・まぁおかしくはないんでしょうけど、物議をかもす恐れのあるジャッジが行われた気がします。

今日はあの少し問題なジャッジについて。。

この、亀田対ボウチャン戦。この試合を観戦しようと思ってみた方のほとんどが亀田の圧勝を予想していたことでしょう。しかし、実際の試合内容はどうだったでありましょうか??
思った以上に亀田が苦戦を強いられていた印象が強くありませんか?試合終了まで、やや亀田攻勢だったのですが、どうも踏み込めず、良い1発が入らない。そんな印象が強い試合が続いていました。

試合が動いたのは6ラウンド。亀田のボディブローが入り一瞬ボウチャンがよろめき、さらにその瞬間ボウチャンが腹部を押さえて倒れ込みました。

このとき、ボウチャンはローブロー(下腹部への打撃で、反則とみなされる)を主張するも、審判はそれを無視(言い方が悪いかもしれませんが、私にはそう見えました)、そして、そのまま10カウントが取られ、亀田のKO勝利となりました。

試合を見なかったひと、この説明で問題のシーンの情景がうかんだでしょうか?

KO勝利が決まった後、リング上はボウチャン側のセコンドと亀田側のセコンドで大モメに。

実際、VTRで検証してみても、かなり高い確率で亀田の打撃はローブローだったと言えるでしょう。また、もしローブローでないにしても、ボクシングパンツの帯の部分よりも下を攻撃するのはファールです。ですが、全くと言って良いほど審判はそれをとらなかったのです。

私は亀田三兄弟の実力は本当に素晴らしいと思います。ですが、このようなジャッジをとる試合では、勝ったというだけで満足するファンは良いにしても、煮え切らない試合に腹を立て、亀田を誹謗中傷するファンもいるに違いありません。確かに、ボクシングの興行自体にも亀田勝利の4文字は影響するのでしょう。しかし、はっきりとした、公正なジャッジというのは大切です。

次の世界戦。亀田は真価が問われる大事な一戦になります。γでした。

[ 2006/03/13 23:21 ] 世相を考えるーγ | TB(0) | CM(0)

教育における漫画(アニメ)の重要性 

こんばんは。イキナリすごいタイトルだなぁと思った方もいらっしゃるとは思いますが、たんなるネタ切れです。

前回の記事で弱酸さんからまたコメントをいただきまして・・・。もしや弱酸さんは某F高の生徒さんですかな・・・?なんて思いました。。

ランキングが下がってきていますのでTeacherTommyに勝つためにも投票お願いします^^

さて、本題へ。「教育における漫画(アニメ)の重要性」というわけですが、なにが言いたいかといいますと、漫画(アニメ)が教育にどのような影響をもたらすかを自分の実体験とともに考えてみるということです。

ま、政治とかには関係ないですが、教育って事で。。

んで、自分はアニメ好きです。特にちょっと古めの物が。我が家では漫画(アニメ)=くだらない物というイメージがあるので、あまり漫画(アニメ)を見ることは良く思われてはいませんでした。特に小さいころ。

しかし、好きなんだから見たいんです。って事で制止を振り切りながら見ていました。

印象に残っていて今でも好きなアニメをいくつか挙げると・・・
ガンダムシリーズ(リアルタイムで見たものはV、W、G、ターンエー・・・分からない方はスルーで。)
エヴァンゲリオン←たぶん再放送
北斗の拳←同じく再放送

ほかにもドラゴンボールとかスラダンとか見ていたはずなんだけど全然印象にない。主に上に上げた3つが印象にのこっている。
しかし今思うとその3つは小学校のコにとってはちと内容が難しかったようにも思える。というか、たぶん理解できずに見ていたんだと思う。
でも、印象に残ってはいるのだから、何かを感じ取っていたことは事実だと思う。

その感じ取っていた「何か」を自分なりに整理してみる。

まず、ガンバムシリーズからは、V,W,Gただ単にかっこよかったんだろうな・・・。機械や宇宙への憧れ的なものがあったんだと思う。それが、中学、高校になって、ロボコンに出たいとか、機械をバラすのが好きとかに現れてるんだと思う。

ターンエーはチョット踏み込んだ形で、「人」がそれぞれ持つ信念的なものを気にしながら見ていたと思う。互いに立場の違う人同士がそれぞれが持つ正義にしたがって戦う。時に自分の正義に疑問を感じたりしながら、そんななかでの人と人とのかかわりとか・・・。
そんな物を見ながら、人との付き合い方について多く学んだと思う。自分の立場から見れば正義でも相手の立場から見れば悪だったり。つねに両方の立場、そして第3者の立場に立って物事を見なければいけない。なんて事を気づかされたと思う。これは大きくなってもすごく必要なことだと思う。だから自分の考えを分かってもらうために相手に思いを伝えようとするし、相手の気持ちを分かるために相手の話を良く聞いてみる。物事を客観的に理解するために、第3者の立場に立ってみる。
とても重要なことだとお思います。

エヴァ、北斗の拳。これはすっごく怖いイメージがあって、主題歌がとっても嫌いだったな。このアニメには結構残酷な絵が使われてた。たぶんそんな事から親は見てはダメって言ってたんだと思う。でも結果的には良い方向にいってる気がする。
エヴァってどろどろした人間関係とか人の「自我」とかが鮮明に描かれていた気がする。そんな人間の裏な部分を早めに、なんとなくでも分かっているのはとても重要なことだと思う。人ってみんな「エゴイズム」的なものがあってそこから人間関係が出来たり崩れたり。今起きてる比較的若い世代の殺人なんかは、その自分のエゴイズム的なものを上手く自分でコントロール出来ない、自分の気持ちを自分で別れない人が多いと思う。
エヴァでは同時に「生命」の重要さ?重さ?なんかを分からせてくれたと思う。命って軽く扱っちゃダメなんだなって。アニメの1シーンで、たしか、実験用の大きな水槽のなかに綾波レイの失敗作的なものがイッパイいて、それを全部壊してしまうみたいなシーンがあったと思う。その水槽のなかで崩れていくレイのシーンが今でも頭の中に残ってて、当時でもなぜか意味は分かっていなかっただろうけど、コレはいけないことなんだって思ってたと思う。

使徒って言うのが敵だったんだけど、結局最後の使徒は人間とか。とっても理解するのは難しいアニメなんだけど、子供は子供なりにしっかり理解してみていたと思う。今エヴァを3回くらい全部見直してやっと深い意味がわかったかななんて。

ガンダムで言い忘れたけど、ガンダムの大きなテーマは戦争。ガンダムってガンダムが主じゃないんだよね。戦争や大人のエゴに振り回されて生きていく子供の成長描くのがおもなはず。最近のガンダムは根底にはその考えがあるとは思うんだけど、ビジュアル的なものに重点を置きすぎでよくわからん。

んで、ガンダムでも戦争、主に人の死についてはかなり大事に扱っていたと思う。敵である人を殺す。殺した側は敵がいなくなっただけかもしれないけど、殺された側、殺された本人に関った人なんかはもちろん殺した人を恨む、その矛先は・・・。なんて結局回って回って。
命の大切さを考えさせられたアニメだと思う。

ガンダムって言うと、「大きな人型機械の戦い」見たいな感じで、敬遠する人も多いと思うけど、ガンダムの本質は人と人とのかかわりだったり、命だったり、戦争だったり。


ってな感じで、アニメって見てみると意外とおくが深い。ぱっと見た感じでは分からないことが多くある。だってくだらない物を描いて、放映して売れるわけがないですもん。

だから世の中のお父さんお母さん。子供さんがアニメを見るのをしからないで、子供がそのアニメから「なにか」を学び取ることに期待してください。
ほんの小さなことでもきっと学び取っていますから。。

以上。βでした。
[ 2006/03/12 23:59 ] 世相を考えるーβ | TB(0) | CM(0)

同情しますよ 

 いきなりですがβが前回書いてくれたことは全てマジです!自分はあそこまで非を認めようとしなかった教師は初めてでした。間違えたくせにその被害を受けた生徒が苦情を言いにいって対処を求めたというのに上から「どうしたいの?」ですよ?偉そうに!!!ざけんな!!!そんな態度があるかよ!!βがほとんど書いてくれましたが自分の怒りはおさまりませんでしたね。しかも視力検査でその教師とまた会ったわけですがこれまた偉そうにやること、親しみやすさマイナス軽く行きますよ!教師とは生徒の近くの存在でありどちらも威張った態度を取るべきではないのです!!!そのぶん距離が離れてしまうわけですから、そんなんで進路相談とかできますか?できないでしょう。
 教員は身近な存在であるべきなのです。

 とまぁ文頭で愚痴を吐いてしまってすんません。でも言いたかったものでしたので言わせてもらいました。


 では本題へ

 8日からフランスにおいて学生によるデモのような閉じこもり事件が起きた。原因は新しくできた法案である。その中身は《雇用主はは26歳未満の者にたいして理由を説明せずに解雇する事ができる》とのこと。
 あまりにもひどい話しではないでしょうか?人それぞれには様々な権利があります。当然働く権利もあるはずです。
 しかもなぜ26歳?これから社会に出て働こうという希望をもつ大学生などに多大な不安を社会が押し付けたのです。信じられません。学生によるデモが起きても全く不思議ではないと思います。自分たちの未来を潰されかねないのですから自分は同意します。
 しかしやはり警察も黙っちゃいません。催涙弾を打ち込み鎮圧したようである。まぁデモは平和を乱す行為に変わりは無いので仕方が無いのですが武力による鎮圧しか解決方法が無かったのでしょうか?
 元はといえば不条理な法案のせいであり何の非の無い若者が被害を訴えるために起こしたものであり武力を投入するべき事ではなく話し合いをするべきではなかったのではないのでしょうか?武力で抑えた、それは学生達の声が届く事がなかったと考えてもいいのではないかと考えます。
 政治に直接参加できる事の無い人々の声だからこそ無視はせずしっかりと受け止めてもらいたいものです。
 若い者がどうのこうのではなく若くとも立派な国民であり国はその声に絶えず耳を傾けて何らかの対処をしていくべきなのです。


 今日は朝から一日試合+夜塾で疲れ果ててしまい正直キツイッすね。最近言い訳しかしてませんが単純に文が浮かばなくなっているだけでありすんません。以上αでした。
[ 2006/03/11 22:41 ] 世相を考えるーα | TB(0) | CM(1)

PSEマークの謎 

こんばんわ、先日の亀田興毅の防衛戦の内容があまりに歯切れが悪かったことがどうも気になるγです。あれはほとんどローブローによるダメージっぽいぞ?あれでKO取っても勝ちといえるのかなぁ?亀田本人が一番分かってるとは思うけど・・・。どちらにせよ、ジャッジ、または必要以上に亀田を持ち上げすぎる第三者の影響でしょうね。

とまぁ、ここまでは趣味の範囲ですが(笑)


みなさんはPSEマークなるマークをご存知でしょうか?
このマークは、電気用品安全法という法律で定められた規定に従い、平成13年4月から、電気製品の製造・輸入事業者は、法律にしたがいこのPSEマークという安全マークを表示しなければならないという義務が出来たそうです。

とまぁ、それだけならば構わないのですが、それが最近、というか今年の4月から、このPSEマークのない電化製品は店頭におかれなくなってしまうのです。


これによって困っているのが中古製品販売店です。そのマークがない、平成13年以前の商品は店頭に置けない訳ですから、商売あがったりです。
唯一その商品を売るための方法。それはその販売者がPSEマークを取得してその商品に新しく貼るということです。

中古製品販売店にも、そして我々にも、都合が悪いとは思いませんか?
PSEマークを取得するにもいくらか登録料のようなものがかかるため、中古品のウリである安値というのも実現しにくくなってしまうからです。

なんでそんなことするんでしょう?いまさらですよね?これで海外の危険な輸入品を買わせず、安全なものを国民に・・・的なことでも言うんでしょうか??
その、PSEマークというものが電化製品に貼られ始めたのが平成13年から。ですがもう平成18年ですよ?この期間っつうのは何なんでしょう?明らかにおかしいです、面倒なだけです。ひょっとして、PSEのない製品の登録料で金儲けですか?(笑)


中古店のみなさん、頑張ってください!γでした、、
[ 2006/03/10 23:00 ] 世相を考えるーγ | TB(0) | CM(0)

教師としての正しい対応の仕方とは? 

こんばんは。・・・今日は書くぞって思いながら書いているβです。
今日は書くことが3つほど。

1,Blogランキングが急降下しております。投票にご協力ください。みなさんのクリックがより一層の励みになります。

2,前回の記事への高校生さん弱酸さん、コメントありがとうございました。この意見は人によってやはり見方が違うようでして・・・。しかし、今日すこしの動きがありました。フジテレビがホリエモンほ起訴するとかしないとか。理由は前回の記事と同じです。しかし、これもまだふに落ちない自分でありまして。フジテレビが株を買う際にしっかり検討したはずです。思えばそのときには粉飾決算は分からなかったのでしょうか?フジテレビはしっかりとライブドア側と話し合いをした上で株購入に至ったわけです。一般人よりより深く踏み込んだ上で株を買った。そのときに見抜けなかった自分の責任はいったいどうなるのでしょうか?フジテレビ側にも落ち度はあると思うのですが。どちらにしろやはり自分は、今回の賠償の件に関しては納得がいきません。しなくてイイと思います。

そして3,これは今日学校で起きたある事件?についてです。ズバリ、教師としての正しい対応の仕方。

本日我が某F高は期末テストの返却。まぁ点数の方はライブドア株なみの大暴落だったわけですが。。
それはある教化の返却後に起きました。とある問題の問題ミスが発覚(これはテスト実施日のテスト終了後にα、βが気づき教化担当に報告済み)。それについて再度教科担当に聞いたところ、「僕はテストを作っていないのでなんともいえないが、テストを作った担当の先生の方に行けば何とかしてくれるとの事。」
ということでテスト返却終了後そのテスト製作者のところへGO.
そこでの対応の仕方がどうも納得いかないものでした。

まず、失礼します・・・と部屋に入っていったところ、そこにはその先生が。ここで気になったのが、椅子に胡坐をかく先生。応対中もずっと胡坐をかいたまま。これはマナーの時点でどうかとおもいますが。

そして問題ミスの話に入ると・・・
「その事については僕も分かっている。でも今になってはどうにも出来ないから、直接言いに来た生徒については処置をする」との事。

・・・おいおいちょっと待ってくださいよ。あなたが作って間違っていたんだからどうにか全員に処置をしてくださいよ。。

ちなみにその問題はテスト中に不備が見つかりテスト中に一回訂正したものでした。なんでそのときにもっとミスがみつからなかったのだろうか?

まぁはっきり言ってしまえば問題は
mをx、l、xをつかってあらわしなさい。

だったのですが、試験中にxが2つあることが発覚。xを1つ消すようにとの指示。そのときこのxの1方をλに変えておけば万事OKだったのですが。

λがないと問題は解けない。。

そのむねをすべて伝えて、先生が帰ってきた答えが、
「じゃぁ、解答欄に『これはλがないので解けません』て書けばよかったじゃない。そうすれば文句なしでマルだよ。」って。

ぁ~そうですね。ホントそのとうりですよ。まったく呆れちゃう回答ですよ。単なる言い訳じゃないですか。子供のいい訳よりたちの悪い言い訳が帰ってきました。

そしてβの回答を見て
「これだったら部分点で3点あげるけど。どうする?」
どうするって。。あなたのミスで出来なかったのになにが部分点ですか。即刻部分点なら点はいりませんと言う。

そうするともう1度解答用紙を見、じゃぁ5点あげるよ。と5点プラス。
αは3点しかもらえず。

点がもらえるもらえないの問題じゃないんですよね。


今回の場合、問題ミスはテスト終了後に分かったからどうしようもなかったの事。

んで、問題点は以下になると思います。
1.他のミスが同じ問題から見つかったときになぜもう1方の問題に気づかなかったのか。
2.テスト終了後すぐ、ミスを指摘されたのにそこでの処置はなにもとられなかったのか。
3.問題ミスを生徒に言わず、今現在も生徒の大多数はミスが分からず不当に点数が引かれている状況にある。ちなみに100点満点のテストで5点の問題でした。
4.そのミスを指摘されたときに対応の悪さ。

1に関しては言い訳が出来ないですよね?自分の作った問題のミスに気づかないなんて。1つの問題で2つもミスがあったのに気づかなかったとは。自分で試しにやるとかはしなかったのでしょうか?
2は何らかの対策をその時点でとるべきではなかったのでしょうか?その時点で分かってるのならば採点の際に全員に点をあげるなどの処置が取れたと思います。
3コレは・・隠しているのですかね?というか、隠していますよね。100点満点中の5点は大きいはずです。ちなみに問題を無視してλを使った人はマルでした。・・・正直者は救われないと?
4.生徒に指摘されたら素直に謝ってくださいよ。プライドもあるのは分かりますが、成績のかかったテストなんですから生徒も必死なんです
素直に気持ち良くマルをくれるとかなんとかしてください。もう遅いからなにもしないよ~なんて子供みたいな真似、某F高の教師として恥ずかしくないのですか?

本日は京大だかの発表日だそうで、先輩方の朗報が多く届いていました。それを汚すようなまねはしないでくださいね。

生徒、教師そろって学校の顔なのですから、生徒だけがしっかりしていればイイのではないです。もちろん教師の方々も見られてるのです。
ついでに言っておくと、校内禁煙だからといって校門の前に先生方2,3人がたまってタバコを吸っている姿は見ていてとてもきもちのいい姿ではないですよ?コンビニに集団でたまっているお兄ちゃん達と大差ないですから。

校外では生徒の素行も見られていますが、教師も見られているのです。

教師として誇れる行動、言動をよろしくおねがいします

以上、今日はイッパイ書いたけどいまいち内容が分かりにくいと、微妙な心境のβでした。
[ 2006/03/09 23:54 ] 世相を考えるーβ | TB(0) | CM(1)

教育 

 さて、いきなりでありますがネタが(ニュースを見ていないために)ありません・・・そうしてもう一つ、教育ブログランキングに登録しているのにここではめったに教育の事について書かれていない・・・・・・てなわけで頑張って教育の何かついて語りたいと思います。


 教育、皆さんはどのような教育が良いと考えていますか(ここでは勉強では無く行動面等での教育)?社会に役立つため、個性を伸ばすため、協調性を高めていくため、人それぞれで様々な意見があると思います。
 そんな中で自分の考えていることを書きたいと思います。当然反対の方もいると思いますが、あくまで自分の考えなので流してくれて結構です。
 自分が考える教育のあり方、それは【他人にできる限り不快な思いをさせない】、そのように教育していくべきではないかと考えます。人を不快にさせることは人間関係において大きなひずみを生むことがあります。不快にさせれば人との交流も悪くなり、社会的にも個人の立場としても損ばかりとなると考えています。
 不快にさせた人はその気が無くても何らかのカタチで痛い目にあうと考えています。極端に言えばその人を信頼する人がいなくなり孤立してしまう、などです。たいしたことでは無い、と考える人もいると思いますが人は一人にでは生きていくことはできません。必ず誰か安心できる人が近くにいなければ人として歪みが生じ、再び人間関係が悪化していく、この連鎖となるはずです。とても精神的に辛いものだと考えます。
 できる限り、とつけたのは常に人のことばかり考えていたら自分というものを犠牲にしなければならないと考えたためです。確かに人を不快にさせないことは大切ではありますが、自分も大切にしなければならないわけであり、あくまで自分の生き方のなかで、できる限り不快にさせない、そのような努力が必要であると考えます。ただ、どれぐらいか?と、聞かれたら人それぞれであり今すぐに答えを出せるものではないとかんがえています。
 自分が特に嫌うのが‘自己中’です。なぜあそこまで他人を気にしないのかが信じられません。絶対に無くすべき存在だと考えます。
 このような理由のために【他人にできる限り不快な思いをさせないよう】教育をしていくべきだと考えます。
 ちなみに自分はゆとり教育は正直反対です。ゆとり⇒束縛減⇒自由⇒自分勝手増、となることが多いと考えるためです。これは自分の地区で体験している事なのでほぼ確かだと考えます。


 やはり今日は短くなってしまいました・・・すんません・・・・たぶん始めはこの倍近く書いていたんじゃないかな~と思いますが頭が回らずすんません以上ようやく体調が回復しはじめたαでした。
[ 2006/03/08 23:52 ] 世相を考えるーα | TB(0) | CM(0)

また出た耐震強度偽装問題 

こんばんわ、だんだん暖房を使うことが減ってきました、γです。


今日は、また出た、耐震強度偽装問題ということで。。

第二の姉歯が!?だなんてニュースに書いてあるもんでまぁ気になってニュース見たんですが・・・、まぁこちらの事件の当事者さんはさわやかな髪型で(笑)肩すかしなかんじですねぇ~(^^;;

真面目な話に...。。。

このようにまた同じような偽装が起こってしまいました。。怖い怖い、姉歯氏が逮捕され、次々と捜査がされていく中で、おそらく姉歯氏以外にも偽装を行っている建築士はいるんだろうなぁというのは皆さんもお思いになったことでしょう。案の定といった感じで見つかったこの偽装、今またこの国のどこかでハラハラビクビクしている建築士がいると思うと、とっとと自白してしまえよって感じもいたします。


人間の生活に不可欠な、「住」の核である住宅を建てる、という職業である建築士。必ずなくてはならない職業です。だからこそこう思います。素人から見て、建築物の偽装というものは全くもって分かるはずがありません。そこにつけ込んだ、悪いもうけ方をこのような職種の人間が行うのは許せません。最近は建築士の人口も多いらしく、厳しい業界かも知れないんでしょうが、ホント、これ以上国民の知らない危険な世界が広がるのはなんとしても避けなくてはならない、重要な課題です。政府や地方の自治体も、<偽装が見抜けなかったなんてこと言わないで、もうすこし本気で取り組まなければいけない課題なのではないかなぁと感じます。。

しかし、このような偽装をすべて根源から無くす方法というものもなかなか難しいようで・・・。構造書計算ソフトによっても耐震強度が大きく変わってしまうこともあるらしく、今回新たに発見されたケースのように、二級建築士でありながら高層建築物を建て(通常一級建築士でなければ出来ないらしい)それが間違っている(本人は、信念のもとにやったと断言 笑)というものが、これからいくつ出てくるんでしょう??全く心配でたまりません。。。


今回はこんな感じです。βの記事が物議を醸し出しているみたいですね(笑)間違った考え方の記事でしたらたたいてやるのが一番!γでした。

[ 2006/03/07 23:58 ] 世相を考えるーγ | TB(0) | CM(1)

ホリエモン被害?? 

こんばんは。今日は公立高校後期試験のため学校がおやすみ。ということで午前中病院に行き午後は爆睡でした。。

さて、今日はニュースを見ていて気になったことを。

ー貼り付け開始ー

ライブドアグループの証券取引法違反事件で、損害を被った株主の被害救済を目指す「ライブドア株主被害弁護団」(米川長平団長)が5日、東京都千代田区の九段会館で、株主を集めた初の説明会を開いた。

 弁護団は2月20日に発足し、首都圏など約40人の弁護士で構成。この日は5百数十人の株主が出席した。

 説明会で弁護団は、損害額の算定方法について、「粉飾された2004年9月期決算が公表されたことなどで、株主は不当に高い価格でライブドア株を購入した。本来の株価を算定し、購入価格との差額を損害額にしたい」と説明した。

 「本来の株価」は弁護団が算定するが、「過去に判例がないケースだけに容易ではないが、何としても勝訴したい」としている。

 株主からは、「訴訟中にライブドアが倒産したらどうなるのか」「04年9月期決算の公表前に株を買った株主は訴訟に参加できるのか」などの質問が出た。

 昨年12月に買った1万3000株を、事件発覚後の今年1月末にすべて売却した東京都小金井市の無職男性(62)は、「株価が6分の1に落ちて売ったため、退職金の半分を失った。今後の生活のためにも訴訟に参加したい」と話した。


ー貼り付け終わりー

ぁ~・・こんな事は言わない方がイイのかもしれませんが、意味がわからん。なにが被害なんでしょうかね?自分は株を買っていないので被害者ではないです。だから被害者の気持ちがわからんのか?そうかもしれませんけど、ちとコレはおかしい気がしてしまいます。

そもそも株は必ず儲かるのか?そんなはずはありませんよね。
過去の記事でもたびたび株のことに関しては取り上げてきましたが、株で損をしたからそれを取り返すために活動するのはちょっと考えられません。たしかに粉飾決算などでライブドアは嘘を言っていたかもしれません。しかしそれを鵜呑みにして株を買って気づいてみたら株価が暴落。売っても採算が・・・。
んで被害者の会ですか。
株をやるのは結構ですが、もう少しお勉強した方が良かったのではないでしょうかね?株はギャンブルですよね?自己責任の範囲でやってくださいよ。
馬券を買い負け馬のせい、騎手のせいにするような、そんなカッコワルイ事はやめてほしいです。

たぶんこの文を読んでくれている人の大半は自分の意見に賛成はしてくれないと思っています。。。

でも、なにか納得出来ない。記事のなかにありましたが、この裁判中にライブドアが倒産したらどうなる的なことを言っていましたが、こんな裁判やって差額を返したりしていたら倒産もするかもしれませんよ。
1部の人たちの分は返せるけど大半の人には返せません~なんてかんじで倒産するんじゃないでしょうか?それだったらもう少し辛抱して少しでも株価が上がるのを待ったほうが良かったんじゃないでしょうかね?ライブドアに賭けて株を買ったんだから最後までお付き合いしてみたらどうですか?

ってことで、

何事も人のせいにしてはいけません。

が今日の教訓でした。

以上βでした。
[ 2006/03/06 23:35 ] 世相を考えるーβ | TB(0) | CM(3)

コピー 

 前回張り切っていましたがこの二日間体調を崩してしまい正直テンションが上がりません・・・頭が痛いために本当は電子機器の前に居たくないのですが頑張っていきたいと思います。

 本題へ

 今回問題に取り上げるのは海賊版DVDについてです。
 現在DVDをコピーしてかなり安く売る海賊版というモノが出回っている。それだけが店に並んでいれば気づかないほど精密に作られている。本日ニュースで見たものでは一枚1000円という異常な安さで販売されているようだ。しかも、いや当然なのかもしれないが店員は「コピーではない」と言い張る。しかも種類はかなりあるようだ。客からすれば嬉しいかぎりだ。
 当然海賊版は法律に反するが業者は堂々と売りさばいている。その理由は専門家でなければ見破る事ができないと考えているからであろう。その多くは中国から輸入されているもののようだ。
 何故こうも簡単に出回ってしまうのか?理由の一つとしてまず考えられるのはその膨大な量だろう。数が多ければ見つかりやすい、とも考えられるが数が多くなれば一部が見つかってもその他の部分はそのままであるのだからよほどなヘマが無ければ通じるだろう。他には客がそのような店を疑わずに通報もせず業者に利益を与えてその金を使い裏工作をし見つからないようにしているのではないか。しかし、一番理由は国の輸入物に対するチェックの甘さではないかと考える。確かに裏工作をしてばれないように持ってくるのだから取り調べもそう簡単ではないと思うが、海賊版による被害額はすでに‘兆’円単位になっているようなのだから、何とかしなければ、といゆう思いが国の中に生まれてきてもおかしくないはずだ。何故放置されているのか?
 
 正直言って今の国会で話されている事は何かずれている気がしてならない。与野党の討論は国民のためでなく議員達のための討論に聞こえてならないのだ。今回のメール騒動もそうだ。あれは自民党の信頼を落とすためでしかなかったのではないか?結局は民主党の信頼が落ちたわけであるが、敵の信頼を落として政権を取るのではなく自分たちの信頼を上げて政権を取って欲しい、そう考える。何故国民の信頼を得る動きをしないのか?与党もそうだと言える。郵政民営化以来国民、もしくは国のためとして動いた事が目立っていただろうか?国民の代表者たちなのだから国のため、国民のために動いてもらいたい。正直言って現在の与野党どちらでもいいのだ。政権を取るのは。国民の信頼がいかにあるか、選挙の結果ではなく投票率を見てよく考えてみてもらいたい。

 ついでにもう一つ別の話題を。

 皆さんはラブアンドベリーとかいうゲームを知っているでしょうか?どうやら最近小学生の女子の中で人気のゲームらしいのですが自分は今日初めて知りました。ダンスマニアの簡単版とも言えるゲームでやるたびにカードを手に入れることができそのカードをスキャン?すると登場キャラクターの服装が変わる、というゲームらしいです。
 内容はともかくとしてこのゲームで出てくる着せ替えの洋服が製品として発売されとてつもない人気だったようで・・・その額はウン万円単位・・・信じられますか?ゲームするだけで一回100円、持っているカードは100枚を軽く超えている、その上ウン万円の服たち・・・・・・・小学生ですよ?甘やかしすぎでしょ!!!!!子どもがかわいい、そりゃわかりますけどね、金のかけかた、間違ってません?欲しがるから買ってあげる、そんなことをしていたら生意気なガキしか育ちませんよ。
 少子高齢化の社会において子どもが余計にかわいく見えるのも仕方が無い事だと思いますが、我慢ということもおぼえさせなければならないと思ういますよ。これじゃ大人よりも子どもの方がいいもん着るようになってシャレにならないでしょ。子どもの育て方、よく考えてくださいね。


 これを読んだだけで今日自分が何を見ていたかモロばれですね・・・・
 以上αでした。
[ 2006/03/05 20:27 ] 世相を考えるーα | TB(0) | CM(1)

リクルートスーツを着る日 

どうもこんばんわ、テストが終わって早くも気持ちを入れ替えて数学の課題を始めたγです。ピンチであります。

今回の記事は、新卒者に人気の就職先についてです。

1位(1) 全日空
2位(6) トヨタ自動車
3位(9) 日立製作所
4位(43) みずほ銀行
5位(3) 電通
6位(12) 三菱商事
7位(42) 三菱東京UFJ銀行
8位(10) キヤノン
9位(11) 三井物産
10位(4) 資生堂

このような具合でございます。

傾向としては、日本が景気回復の兆しをみせたために、好業績を発表した企業、そしてまた業績が回復し始めた金融企業が人気のようであります。。。

一方で人気が低迷してるのはマスコミ、人材サービスのようです。個人的にはIT企業関連の動向が気になるんですがねぇ・・・色々と影響が出てもおかしくないとは思うんですが?


今年は全体的に好景気の影響で新卒採用者を多くとる企業が多いようですね。就職した年にいきなり会社が無くなった!!なんてことのないように・・・。。

話は少しかわって。。。

今はやりのNEET。彼らは一生リクルートスーツを着ないままに生き続けていくのでしょうか??アルバイトで生活をしている人間は200万人を超えると言います。先日多くの新聞で取り上げられた通り、日本人学生の多くは勉強することに関しての意識は危険なまでに落ち込んでいると言えましょう。日本にはさまざまな学校があります。小、中、高、大、国公立、私立。。。学力のレベルもハッキリと学校別に分かれている訳です。

しかし現状では、どの学校においても学習意欲が落ちていると言えましょう。一応、一応私は進学高に通っているわけですが、客観的に見て私は意識の低い、典型的な日本のバカ学生であります。ですがそれがわが高で私一人というわけでもありません。おそらく我が高の半数が私と同じ状況でありましょう。

私を含め、その半数の生徒は皮肉まじりにこういいます、「スチューデントアパシー」と。これは現代社会の授業で習った語句で、学生特有の無気力症候群らしいです。今まで冗談まじりに言っていた言葉も、最近のように大々的に報道されるとどうやら本気で今の学生(自分も含んで)は危ないです。私自身が冒頭で書いたように、ちゃんと宿題をやらなくては・・・と焦り始めるのです。

これは今の教育の現状を、生の生徒の目線から見た様子です。ヤバいですよ、進学校がナンボのもんじゃい!なんて言われることのないようにせねばいけない、わが某F高に入学したものには日本を背負って立つ責任がある、そう現代社会のある先生から教えをうけました。

今の学生の現状、それはつまり進学校の現状なのかもしれないですね。以上γでした。。







[ 2006/03/04 23:20 ] 世相を考えるーγ | TB(0) | CM(1)

武部メール問題 

こんばんは。今日無事?にテストも終わり、とりあえず2年生の学習は終わったわけですが・・。

そういえば、前回の自分の番のとき言い忘れていました・・。
このBlogが出来てはや1ヶ月経ちました。よかったよかった。。。

さて。今日はなにについて書こうか・・と、今悩んでおります。
ん~・・これと言ったネタはないのです。ないというかあるというか。
なぜ悩んでいるかといいますと、やはり今日気になっているのは、

ー貼り付け開始ー

自民党の武部幹事長の二男は3日、民主党と永田寿康衆院議員に対し、「送金指示メール」問題で誤った情報に基づいて送金先として名指しされたことについて、連名で全国紙などに謝罪広告を掲載するよう求める文書を送った。
 文書では、「著しい名誉棄損を受け、経営する飲食店や会社は業務上、甚大な被害を受けた。国会の場で謝罪されても被害は回復しない」と強調し、「社会的評価を回復するため」として謝罪広告掲載を求めた。
 一方で、民主党と永田氏が誤りを全面的に認めたことを受け、「謝罪の意思があることは了とする」とし、謝罪広告を掲載すれば損害賠償は請求しない意向を示した。


ー貼り付け終わりー

です。まぁなんというか、よく分かりません。実際、あのメールはニセモノだったのでしょうか?ニセモノだとしたらなぜあんな物が出てきたのだろうか?民主党が自民党を追い詰めるために作った物なのでしょうか?しかし、そんなメールを作ったりしなくても自民党を攻撃するためのネタはまだまだたくさんあったような気がします。今回のメール事件の話が大きくなるにつれてホリエモン騒動がだんだん記憶から消えていってしまっている気がします。

そしてこのメル事件がひと段落したと思ったら今度は謝罪広告掲載ですか・・。なんでまた武部幹事長の二男が受取人として名前が挙がっていたのでしょうか?もしや、このメルを作った人(仕掛けた人)が武部幹事長を嫌いだとか。
なにも調べていなくて完全に思ったことをただ書いているだけなのでイマイチ信憑性のない文ですよね。。

自分は最近ニュースを見るようになって来ました。そして思ったことは、ニュースを見ていなかったときより分からないことが多くなった気がします。民主党にしても自民党にしても「なにか」を隠しているようにしか見えないのです。次々に話題が出てきて、その前に話し合っていた事がいつのまにかどこかに消えてしまう。与野党でお互いに足を引っ張り合っているようにしか見えません。まぁそれが与野党のあるべき姿なのかもしれませんが。

とにかく、問題は1つ1つしっかりと解決していかなければ意味がありません。次々に飛ばして行ってしまったら結局いつになっても1問も問題は解けないのですから。

以上・・・お疲れ気味のβでした。

Blogランキングに投票お願いします。
相互リンクを募集しましたがまだどなたからもお誘いがありません。
[ 2006/03/03 23:31 ] 世相を考えるーβ | TB(0) | CM(0)

親が犯罪者 

 明日でようやくテストが終わり開放されます・・・やったーーーーー!!といっても今はまだテスト期間中に変わりは無いわけで精神的に疲れきっています。

 では本題へ

 昨日のγの最後の文に便乗するかたちでの題名だが親が犯罪者である事で子どもに影響が出る事件があった。
 オウム真理教のトップ、松本被告の二男が私立中学校への入学を拒否された。との情報だ。
 学校側の主張は「子どもも教団の下の考えの可能性がある。子ども達の安全性を考えてのこと」、ごもっともだ。惨劇を繰り広げた思想の下で育ったとしたら周りの子どもにどのような影響を与えるかわからない。もし事件が起こったとしても学校側で責任が取れないだろう。危険なものには触れないでおく、子どもの安全を考えるものとしては正しい判断に思われる。
 しかし、そのような事をいっていては子どもが教育を受ける事ができない、差別とされて社会的に問題があるだろう。しかも本当に思想をもっているかを確かめずに一方的に拒否したらしい、これは問題行動であるといえる。現に松本被告の娘が大学への入学を拒否されたときには裁判となり大学側が負けている。今回も法廷の場へと向かうようだ。
 おそらくこの件は意見が別れるのではと考える。つまり、【学校側】、【子ども側】、そして狭間にいる人たちだ。正直言って自分は第3の立場であるが【子ども側】に傾いている。確かに親が凶悪犯であると言うだけで風当たりはきつくなる。しかし子どもには何の罪があるのだろうか。子ども自身には何も無いはずだ。普通の子ども同様に接するべきである。が、親の意思を引継いでいたりしたら他の子どもに被害が及んでしまう。それを防げるかどうかは学校側の態勢によるだろう。

 親が犯罪を起こす事は騒ぎになったとき悲しくなるだけでなく子どもの人生そのものを変えてしまう恐れがある。子を持つ人には犯罪を起こさなくてもこのことを念頭において行動をしてもらいたい。


 すんません、ここのところニュースをほとんど見ていないためにネタ不足であり内容がいまいちになってしまいました。今度からはテストも終わり気分もだいぶ良くなっているはずなので頑張ってかきます・・・
 以上頭の痛いαでした
[ 2006/03/02 22:30 ] 世相を考えるーα | TB(0) | CM(0)

数ある医療問題 

               <朝日新聞より貼付け>
厚生労働省は1日、刑事事件で有罪が確定したり、診療報酬の不正請求で保険医登録を取り消された医師34人と歯科医師24人の計58人を免許取り消しや、5年から1カ月の医業停止とする行政処分を発表した。厚労相の諮問機関・医道審議会が同日答申したのを受けての措置。3月15日から発効する。


こんばんわγです。

今回はいわゆる医療問題、そのなかの医療ミスについてです。

今まで多くの病院での医療ミスが世間に取り沙汰されてきましたね。国民にとって病院という身近な施設での事件は、政治家の汚職、はたまた株価の暴落などのニュースなど以上に恐怖を感じます。どこかのアホな政党の統率がとれなかろうと、IT企業の企業価値が下がろうと、日常生活には全くと言って良いほど影響がありませんから。。。


医者という仕事は、本当に素晴らしい仕事であるなと思います。キチンとした教養を見につけ、キチンと訓練を受けたものでしか就くことが出来ない、人間の命を助ける仕事です。学校での勉強もそうとう出来なくてはなりません、僕には逆立ちしても出来るもんではありません、第一、僕は文系です(笑)

ですが、今このようにニュースに取り上げられる医師が多くなっているのはとても寂しいことです。「先生」と敬称が付いている職業です。もっともっと、人に尊敬され、心から「先生」と呼べる先生が減って来ているのです。

この問題に限らず、僕が、犯罪や問題を起こした人に共通して言いたいことがあります。それは、もっと責任をもって欲しいということです。

<またまた貼付け>
■主な処分者は次の通り。(事件や不正を起こした時に所属していた医療機関の所在地・名称、本人の氏名・年齢、処分理由=敬称、呼称略)


 《医師免許取り消し》山形県天童市、てんどう駅西クリニック、公平一彦(50)=強制わいせつなど▽東京都大田区、東邦大医学部付属大森病院、宮坂敬一(40)=準強制わいせつ傷害など▽東京都杉並区、共生会鍋岡クリニック、鍋岡政義(57)=準強制わいせつ▽東京都杉並区、臼田歯科医院、臼田貞夫(75)=贈賄など


 《医業停止5年》東京都千代田区、日本歯科大、丹羽源男(61)=歯科医師法違反▽東京都大田区、内田歯科医院、内田裕丈(65)=贈賄など▽北海道岩見沢市、緑仁会病院、馬原克夫(50)=詐欺など▽北海道網走市、北真会藤田病院、藤田正光(66)=詐欺


 《同3年》宇都宮市、栃木県済生会宇都宮病院、坂口昌司(29)=麻薬及び向精神薬取締法違反▽福岡市、福岡県済生会福岡総合病院、高林明(40)=児童買春禁止法違反など▽埼玉県所沢市、防衛医大病院、日野邦彦(62)=収賄▽名古屋市、元衆院議員、吉田幸弘(44)=公選法違反など


 《同2年》兵庫県宝塚市、エデンの園診療所、塩谷雅文(41)=覚せい剤取締法違反▽埼玉県毛呂山町、埼玉医科大付属病院、田島弘(50)=業務上過失致死▽東京都渋谷区、アクアクリニック、布施信彦(38)=医事に関する不正▽東京都杉並区、平井歯科医院、平井泰征(66)=贈賄


こんな風に新聞に載ってしまうんです!これを見た彼らの家族の辛さといったら計り知れませんよ?自分の父親が犯罪で新聞に載ってしまう、こんな悲しいことはないでしょう。


自分の責任は、きちんと自分で始末しましょう、γでした!



[ 2006/03/01 22:58 ] 世相を考えるーγ | TB(0) | CM(1)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。